きみまろ川柳 「カミさんの『もぐもぐタイム』は1日中」

4月23日(月)7時0分 NEWSポストセブン

平昌五輪もきみまろ川柳のネタに

写真を拡大

 こんにちは綾小路きみまろです。つい先日まで雪が降っていたかと思えば、今度は夏のような暑さ。そんな天気の不安定さに合わせたかのように、森友問題や北朝鮮情勢で、政局も混沌。安定しているのは、ご主人の安月給と奥様の体型だけ……という中、皆様、いかがお過ごしですか? こんな時こそ「きみまろ夫婦川柳」で、浮世の憂さを笑い飛ばしていただきましょう!


 今回、まず先陣を切るのは、平昌オリンピックのカーリング娘です。「そだね〜」「もぐもぐタイム」は早くも今年の流行語大賞の最有力候補と言われています。


【カミさんの「もぐもぐタイム」は1日中…】


 カーリング娘のもぐもぐタイムは競技の休憩中だけでしたが、


「うちのカミさんの場合、朝はもぐもぐしながら『いってらっしゃ〜い!』。で、昼間電話すると、『何か用?(もぐもぐ)』。帰宅時は『お帰り〜。私、韓流ドラマ見てるから』とソファに座り、お菓子をもぐもぐ……」。


 ご主人が「食べてばっかりいると、また太るぞ」と注意しても、奥様は「そだね〜」と馬耳東風。


【「そだね〜」と 妻が言う時 聞いてねぇ】


「じゃあ、オレも使うぞ!」。青森生まれで今まで「んだね〜」と訛っていたご主人。流行に乗り遅れまいと、北海道弁の「そだね〜」を連発。「『そだね〜』を使うとオレもモテそだね〜」。それを聞いた奥様。呆れ顔で、


【「そだね〜」と 言ってる亭主は バカそだね〜】


※週刊ポスト2018年5月4・11日号

NEWSポストセブン

「川柳」をもっと詳しく

「川柳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ