イマドキの告白の方法って? 男女に聞いてみた!

4月23日(月)21時0分 yummy!

ライターの大久保 舞です。
昔は、告白をするのであれば、直接言うか、手紙を渡すことが主流の方法でしたよね。
電話だけではなく、LINEなどのコミュニケーションアプリも普及した今では、告白の方法に変化はあったのでしょうか。
今回は、私が男女に聞いた「最近した(された)、もしくは見聞きした告白の方法」をリサーチしたものを紹介します。

やっぱり根強い! 直接の告白


「ある程度仲良くなってから、二人きりでテーマパークや花火大会に出かけて、帰りに告白するっていうのを周りの人の話ではよく聞きます。学祭の準備が終わったあととか、何かと理由をつけて直接⋯⋯というパターンが多いです」(20代・女性・大学生)
「自分は面と向かって告白をしました。返事を待ったり、一度別れて復縁したりと、いろいろとありましたが」(20代・男性・大学生)
直接の告白は、やはり根強く人気が高いようです。
今回、さまざまな年代の男女にリサーチをしたのですが、その中でも、大学生といった比較的若い世代の人で、直接の告白の人気が高いということは、正直なところ、意外性がありました。
直接会う機会が多い学生同士だからこそ、直接告白ができる機会もおのずと多いのかもしれませんね。

電話は鉄板! 復縁のための告白にも有効?


「元カレと数ヵ月間ぐらい全く連絡をとっていなかったら、いきなり電話がきて『やっぱりやり直したい!』って言われて。そのまま復縁した」(20代・女性・アパレル)
「約三年間ぶりに、久しぶりに着信がきた女友達と通話したら『ずっと好きだった』と突然告白をされました」(20代・男性・接客業)
電話という告白方法も回答結果に複数あったのですが、その中でも“元恋人”、“疎遠だった異性の友人”からの告白を電話でされた、という回答は多くみられました。
電話ですと、元恋人や、疎遠だった相手からの連絡でも、つい反射的に出てしまうことがありますから、復縁のための告白手段として使われやすいのだろうと思われます。

これぞイマドキ! LINEなどのスマホアプリを利用した告白


「男友達にLINEで『好きな人いるの?』って聞いたら、言葉をにごされて。次の日に『実はお前のことが...』と告白されました」(20代・女性・大学生)
「なかなか直接会えない相手におもいきって『好きです』とLINEで告白。結果は⋯⋯聞かないでください(笑)」(20代・男性・事務)
「Skypeのチャットにて『好きです』と言われ『お受けします』と回答しました」(40代・男性・営業)
スマホのアプリを利用した告白方法は、まさに“イマドキ”ですよね。
この告白方法に年齢は関係ないようで、今回意見を採用したように、20代の方がLINEで告白をしたりされたりしていれば、40代の方でも、アプリを利用して告白された経験があるのです。
これからはスマホを持つことがより当たり前のことになっていくでしょうから、告白といえばスマホのアプリで、という傾向が強い時代になっていくのかもしれませんね。

まとめ


今回リサーチした中では“手紙での告白”という回答はありませんでした。
手紙は、LINEなどのアプリで代用されるようになったのかもしれませんね。
とはいえ、人それぞれの個性が出る文字と文章で思いを伝えるということは、お互いにとってかけがえのない手紙になることもあるでしょう。
手紙がすたれてしまった時代だからこそ、手紙での告白をあえてしてみる、というのもいいかもしれませんね。
(大久保 舞/ライター)

yummy!

「告白」をもっと詳しく

「告白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ