猫だって回りたい。猫を室内で運動させるためのトレッドミルはスマホ操作で猫モニター機能付き

4月25日(木)18時30分 カラパイア

top

 室内飼いの猫が増える昨今、猫ぽっちゃりも問題となっており、愛猫に十分な運動量を確保したいと願う飼い主も多いようだ。海外ではこんな猫用トレッドミルが話題になっている。

 このマシンは猫を巧みに誘う機能付きでスマホによる遠隔操作で動く。

 理想的な運動量のカスタマイズや留守中の猫のモニターもできるハイテク猫用エクササイズ家電なのだ。
Littlecat MASTER 02 ENGSUB

・猫の習性を利用したトレッドミル

 韓国のPet Dingが開発したLittle Cat(リトルキャット)は猫のためのハイテク健康器具だ。ハムスターの回し車を大きくしたような形で、内側でLEDが光るようになっている。

d1_e
image credit:pet ding

 そのライトは単なる飾りではなく、ハンター気質の猫を誘うための工夫だ。一度動き出すと、猫はレーザーポインターのようなLEDを追いながら走るようになる。

スクリーンショット-(306)
image credit:pet ding

Little Catのライトを追う猫
the Little Cat


・外出中でも適切な運動をさせる機能

 トレッドミルは専用アプリと連動しておりBluetooth経由で操作する。

 現在の猫の体重データからカロリー消費量を算出し、適正体重までの運動メニューをカスタマイズすることもできる。

d2_e
image credit:pet ding

 留守中の猫のモニターのほか、ボイスメッセージで運動中の猫を励ますこともできるそうだ。

 トレッドミル本体はお部屋のインテリアになるデザインで動かしやすく、飼い主にも便利な仕様になっている。

d3_e
image credit:pet ding

 大きさは1.1x1.2x0.3メートル。重さはおよそ20キロで最高時速は15キロ。有線充電とワイヤレス充電できるタイプがある。カラーは4種類。いずれもジュエリーのような輝きを放つリッチな外観だ。


・リッチな猫用家電

 価格や販売などの詳細はpet ding公式サイトに要問い合わせとなっているが、メディア情報では1400ポンド(約20万円)前後となっている。 

 海外で売られている一般的な猫用トレッドミルの価格帯は100ポンド(14,500円)ほどだから、Little Catはその10倍以上となるが、自分は節約しても猫の為なら大枚をはたく愛猫家も多いようで注目を集めている。

 見た目にも豪華な猫のための回転車。これなら一筋縄で行かない猫も気に入ってくれるかな?

References:lostateminor / petding / designboom/など /written by D/ edited by parumo

カラパイア

「運動」をもっと詳しく

「運動」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ