ニコニコ超会議2018:目玉は12式地対艦誘導弾&ブルーインパルス尾翼! 今回も自衛隊ブースは盛りだくさん

4月28日(土)21時0分 ガジェット通信

ニコニコ超会議2018:目玉は12式地対艦誘導弾&ブルーインパルス尾翼! 今回も自衛隊ブースは盛りだくさん

写真を拡大

2018年4月28日・29日に幕張メッセで開催されている『ニコニコ超会議2018』。例年通り、今回も自衛隊が陸・海・空揃って出展しています。

今回の目玉は、何と言っても陸上自衛隊の12式地対艦誘導弾を搭載した重装輪回収車でしょう。一昨年は10式戦車、昨年は89式装甲戦闘車を持ち込んでいましたが、今回の全長5.0m・直径0.35m・重量700kgというのは最大の車両。間近に見るとド迫力です。

また、水陸機動団に配備される水陸両用車AAV7A1 RAM/RSも展示。

離島防衛強化のため実戦配備が開始された水陸両用車。陸自独自の仕様として航海灯・サイレンを装備。今後、計58両が配備される予定となっています。

航空自衛隊は、ブルーインパルスにも使われているT4練習機の尾翼を展示。

また、昨年のF4Jファントムに続いて、T4のエンジンも持ち込んでいます。ミリオタ的には必見といえるでしょう。

海上自衛隊は、ヘリ搭載護衛艦『いずも』をVR体験できるブースを用意。VRバーチャルリアリティスタンドアロン型HMD
『pico goblin』によって、広い甲板をもつ海自最大級の護衛艦を体感することができます。

さらに、陸・海・空とも制服体験もできるようになっています。フォトスポットもあるので、ここもミリタリーファンはチェック必須です。

自衛隊ブース(ニコニコ超会議2018 公式サイト)
http://chokaigi.jp/2018/booth/jieitai.html [リンク]

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「インパルス」をもっと詳しく

「インパルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ