この春、新しくなったコンビニ「定番スイーツ」を徹底解剖

4月29日(日)11時50分 All About

2018年春、コンビニスイーツがよりおいしく生まれ変わります! 開発秘話や、おいしさの秘密を取材しました。

写真を拡大

2018年、各コンビニがスイーツ部門で力を入れていくテーマのひとつが、「定番スイーツの刷新」です。新年度を迎え、よりおいしくリニューアルしたローソンとファミリーマートの定番スイーツを紹介しましょう。

ローソンの看板スイーツ「プレミアムロールケーキ」が、発売以来2度目の刷新!

黄金比のクリームと、スポンジの一体感が魅力のロールケーキ。
ローソンでは、オリジナルスイーツブランド「ウチカフェスイーツ」を代表する大人気商品「プレミアムロールケーキ」を、さらに美味しくリニューアル!「新プレミアムロールケーキ」(税込150円)として、4月3日(火)より全国のローソンで発売されています。

「プレミアムロールケーキ」と言えば、コンビニスイーツがヒットするきっかけともなったローソンの看板スイーツ。

商品サイクルの早いコンビニスイーツ業界にあって、2009年の発売以来、リニューアルはなんと1度だけというエピソードからも、ローソンがいかにプレミアムロールケーキを大事に考えてきたかがわかります。
人気のロールケーキとチーズケーキがリニューアル!
そんな看板スイーツを今回リニューアルした経緯について、ローソン商品本部・デイリー商品部の田口美里さんは次のように語ります。

「来年、ウチカフェスイーツは10周年を迎えます。プレミアムロールケーキは、長い間お客様に支持されてきた商品ですが、定番商品としていつも販売しているため、最近は逆にあまり食べていない、というお客様もいらっしゃると思います。そこで、お客様にもう一度、おいしいプレミアムロールケーキを食べていただきたい、という想いが強まり、今回の刷新に至りました」

「プレミアムロールケーキ」が初めてリニューアルしたのは、2015年6月。クリームに使用する砂糖を、雑味がなく優しい甘みの北海道産ビートグラニュー糖に変更し、すっきりとした味わいに。

またスポンジにはきめが細かい北海道産小麦粉を使用し、生地の焼き目をなくすことで、より口どけがよく、クリームとの一体感が味わえる仕上がりになりました。

はちみつ&卵黄で生地の存在感がアップ!

左が従来品、右が新商品。生地の焼き目が復活しています!
今回のリニューアルでは、まず重視したのが“生地のおいしさ”です。

「プレミアムロールケーキが発売された当時は、たっぷりのクリームを味わうロールケーキが人気でした。しかし、最近人気のあるロールケーキを食べ比べてみると、生地のおいしさが際立つお店が多いように感じました」(田口さん)

そこで、人気の高いクリームの質はそのままに、クリームに負けない生地の開発に専念。卵黄の量を増やし、さらにはちみつを加えることで、カステラのようにしっとり、香り高い生地に仕上がりました。また、以前のリニューアルでなくなった生地の焼き目が復活しているのも特徴です。
濃厚な生地の香りも、リニューアル後の特徴です
実際にいただいてみると、まず感じるのはカステラのように濃厚な生地の香り。以前の生地よりも弾力がある食感で、卵のコクやはちみつの甘みを感じられる食べ応えのある生地になっています。

以前の商品は、クリームと一体になって溶けていくような軽い口どけが魅力でしたが、今回は生地のおいしさとクリームのコクをしっかりと味わえる商品になっていると感じます。

クリームチーズ比率68%! 超濃厚なベイクドチーズケーキ

超濃厚! リッチな味わいに大満足のチーズケーキ
そしてもう1品、同日に発売されたのが、「濃厚なめらかベイクドチーズケーキ」(税込210円)。

「チーズケーキは、好きなケーキランキングといえば必ず上位に入る、万人に大変人気の高いスイーツです。ただ、王道ながらもお店によって味わいは千差万別でバリエーションも非常に多く、どんな方向性にするのかとても悩みました」と田口さん。

濃厚、と謳っているだけあって、驚くべきは使用しているチーズの割合。なんと68%(※クッキークラム部を除く割合)という贅沢な数字に驚きです。

「シンプルなだけに素材の味がはっきりと出るため、チーズの種類や配合を20回ほど試作しましたが、なかなか思うようなチーズの味が出せずに苦戦しました。最終的にシンプルなクリームチーズに落ち着き、2種類のクリームチーズをブレンドしています」(田口さん)

濃厚なチーズの味わいのアクセントになるのが、シチリア産レモンの果皮。時折弾けるレモンの爽やかな風味が、後味をすっきりとさせてくれます。

クリームがファミマ史上最大量に! 卵にこだわったシュークリーム

120円という手ごろな価格も嬉しい。「クリームたっぷり!濃厚カスタードシュー」
ファミリーマートのスイーツの中でも人気の高いシュークリームが、2018年春、大幅に刷新。

原料の卵から生地、カスタードクリームに至るまで見直しを図り、「クリームたっぷり! 濃厚カスタードシュー」(税込:120円)として生まれ変わりました。2018年4月3日(火)から、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス約1万7300店で発売されています。

2018年度のコンビニスイーツの動向を取材したインタビュー中でも、「定番商品のブラッシュアップを図っていく」と回答していたファミリーマート。

「今回のシュークリームは、『おいしいカスタードクリームをたっぷりと楽しめるシュークリーム』をコンセプトに、カスタードクリームの原料の卵にこだわり、指定農場で生産された卵のみを使用しているのが最大の特徴です」と語るのは、ユニー・ファミリーマートホールディングス・広報室の田中将彦さん。
ファミリーマートで販売されている「コクと旨みのこだわりたまご」を使用
この卵、実はファミリーマートで販売されている「コクと旨みのこだわりたまご」というプライベートブランドの商品。飼料にもこだわって育てた卵で、一般的な卵に比べてコクや風味に優れているという味覚調査データも出ているそうです。

「今回はさらに卵の風味豊かなカスタードクリームに仕上がっています。また乳製品は、生乳のみを原料とした濃縮された乳原料を使用。生乳本来のおいしさを生かし、添加物の削減も実現しました」(田中さん)
手に持つとずっしり! 生地の香りもアップ!
そんなこだわりのクリームを、従来の分量よりも約14%増やし、ファミリーマート史上最高のボリュームに!

「たっぷりのクリームを支えるべく、生地はしっかりしたグルテンが特長のデュラム小麦を使用することで、歯切れがよくさっくりとした食感に仕上がっています」(田中さん)
断面から溢れるほど、濃厚なカスタードクリームがたっぷり!
袋を開封してみると、シュー生地のこうばしい香りがふわっと漂い、期待感が高まります。しっかりとした焼き色の生地の中には、きれいな黄色をしたカスタードクリーム。たっぷりと口に入れてももたついた感じがなく、なめらかに溶けていく口どけのよさも魅力です。

味わい的には確かに卵のコクがしっかりと感じられ、バニラの風味とのバランスもよいリッチな味わいに仕上がっています。このボリュームと品質で税込120円は、かなりのコストパフォーマンスの高さです!
生クリームが入った「大きなカスタード&ホイップシュー」(税込138円)も発売に
ファミリーマートでは、今後も様々なシュークリームを刷新していく予定だそうで、4月17日(火)には、「大きなカスタード&ホイップシュー」(税込138円)が発売に。濃厚なカスタードとホイップクリームのハーモニーも、ぜひ味わってみたいですね。

今後はどんな定番スイーツがリニューアルされるのか、引き続き、要チェックです!
(文:笹木 理恵)

All About

「スイーツ」をもっと詳しく

「スイーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ