メープルシロップに抗生物質の利き目を良くする成分が含まれていることが判明(カナダ研究)

5月1日(月)9時30分 カラパイア

0_e7

 メープルシロップは、サトウカエデなどの樹液を濃縮したもので、木が生んだ自然の甘味料である。

 パンケーキといえばメープルシロップ、紅茶にもメープルシロップ、チキンナゲットにもわりと合うメープルシロップ。ハチミツと並んで、様々な食品の風味をアップさせるメープルシロップは大好物なんだけれども、そんなメープルシロップの驚くべき効能が新たなる研究で明らかとなった。

 メープルシロップに含まれるフェノール化合物は、抗生物質の利き目の邪魔をしていた、有害な細菌の影響を低下させる効果があることがわかったのだ。
 
 これはカナダ、マギル大学の研究で明らかにされたものだ。

 抗生物質の使用量増加により、抗生物質に耐性をもつ耐性菌が増え始めた。耐性菌問題は世界的な懸案事項となっている。


【メープルシロップに含まれるフェノールは天然の殺菌剤】

 メープルシロップは北米に生えるカエデの木の樹液から作られる甘味料だ。この抽出成分には、昆虫を含む病原菌から身を守るために多くの植物が有しているフェノールという化合物が豊富に含まれている。つまり天然の殺菌剤として利用できるかもしれないということだ。

3_e5

【抗生物質とフェノール化合物を組み合わせることでその効果が大幅アップ】

 実験では、抽出物を大腸菌やミラビリス変性菌といった膀胱炎の原因となる代表的な細菌に対して使用した。その結果、抽出物それ単体では軽度の殺菌効果しかなかったが、抗生物質と組み合わせて使用したところ、効果が大幅に上昇することが判明したのである。

 抽出物と抗生物質の組み合わせは、カテーテルを装着した膀胱炎患者の尿道に治りにくい感染症を引き起こす細菌群全体(細菌膜という)を破壊することが確認されている。

1_e7
 
 メープルシロップの抽出物が人体で本当に有効かどうか確認するには、今後の生体内実験や臨床試験が必要となる。もし抗生物質の使用量を削減するシンプルで効果的な方法であることが明らかになれば、耐性菌問題の切り札として期待が持てるという。

 本研究は『アプライド・アンド・エンバイアロンメンタル・マイクロバイオロジー(Applied and Environmental Microbiology)』誌に掲載された。

via:aemnydailynewsacsなど/ translated hiroching / edited by parumo

カラパイア

「抗生物質」をもっと詳しく

「抗生物質」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ