めっちゃ撃ち込んどる!殺人容疑者の車とカーチェイスを繰り広げる警官、フロントガラス越しからの銃撃戦(アメリカ)

5月1日(水)20時30分 カラパイア

no title

 警官と容疑者がカーチェイスをしながら発砲し合うというというのは、何もハリウッド映画内に限ったことではない。アメリカでは現実にそれが行われることもある。

 2018年7月11日に、ネバダ州ラスベガスで白昼堂々それは起きた。追走する警官のボディカメラが捉えていた映像には、フロントガラス越しから発砲する警官の姿で映し出されている。

 当時、この映像が警察により公開される話題となったが、今でも定期的にネット上で取り上げられ、様々な物議を醸しているようだ。

Las Vegas police officer shoots through windshield

・発砲に次ぐ発砲。実際に起きた緊迫のカーチェイス

 ラスベガスのシンシティにあるダウンタウンで、2018年7月11日の朝、男性が洗車場で数回撃たれて死亡するという事件が起こった。

 メトロポリタン警察は、殺人の容疑者とされる2人の男の行方を追っていた。事件発生から約2時間後、ウイリアム・ウマル警官とポール・ソロモン警官が乗ったパトカーが、猛スピードで逃走する盗難車とされる黒のSUVを発見した。

 このSUVを追いかけるパトカー。住宅街の白昼堂々のカーチェイスは、犯人が発砲を始めたことで更に緊迫した事態となった。

 容疑者の2人は、路上の対向車に突っ込む勢いで走行しながらも、後ろから追いかけてくるパトカーに向かって立て続けに発砲。

 ウマル警官のボディカメラには、その一部始終が捉えられており、ウマル警官が無線機で居場所を伝え、応援を要請しながらも「発砲してきた!」と繰り返し叫ぶ声も記録されている。

1


・パトカーのフロントガラス越しから警官が発砲

 17年警察に勤務するウマル警官は、これ以上の被害を出させないためにもある決心をした。

 パトカーのハンドルを握りながら、拳銃を手に構え、フロントガラス越しに前を走る容疑者の車に向かって発砲したのだ。

 ウマル警官は、片手でハンドルを握りながらもう片手で発砲後、更に両手で銃を構えて立て続けに発砲した。その間、もちろん車を運転し続けるという神業も見せた。

 フロントガラスは粉々に砕けることはなく、何発もの弾丸の穴が開いた。

2


・警察が発砲した数31発、容疑者が発砲した数34発

 そしてパトカーはSUVの右側に回り込み、ウマル警官が再び何発もの銃弾を放つと、ついにSUVはバランスを崩し、斜め左前の小学校の壁に激突した。

 ウマル警官は銃に新たな弾を込めてパトカーから出ると、更にSUVに向かって何発も発砲。

 銃弾を受けた容疑者のフィデル・ミランダ(22歳)は後に病院で死亡し、車から出て逃走を図ろうとしたルネ・ヌニェス(30歳)は、怪我をした状態で捕えられ、クラーク郡刑務所に勾留された。

5

 逮捕されたルネは、凶器を用いた殺人および暴行、移動中の車両からの発砲行為、また銃所持禁止に対する違反行為に対して起訴されたようだ。

 後のメトロポリタン警察の発表によると、このカーチェイスにより警察官が発砲した数は31発、容疑者が発砲した数は34発だったという。また、容疑者2人は過去にも多くの犯罪前科を持つ人物だったことも明かされた。


・警察側はウマル警官の行為を賞賛も、ネット上では賛否両論

 つい最近、redditで再びこの映像が投稿されると、ユーザーらからは様々な声があがり、フロントガラス越しの発砲による影響についても物議を醸した。

5

・警官、運転しながら発砲って、危険すぎるだろ。

→・容疑者も散々発砲しているんだし、ルール違反だけど市民の安全を守るためには仕方なかったんじゃないの。


・発砲しながらの運転スキルも相当なものだよ。この警官にメダルを授与する価値はあるだろう。

→・ここまでできるのって凄すぎる。極度の恐怖とストレスの中にいたら、運転だって困難になるはずなのに。


・この映像見たらこっちまで緊張して、心臓がバクバクした。


・これだけ攻撃を受けてたのに、追跡を続けて他の人を巻き込むことなく、容疑者の車を停止させたことは素晴らしい。


・学校近くのエリアでこんなに発砲するなんてクレイジーとしか思えない。


・発砲してくる容疑者を追いかけて警官自身も発砲するこの行為が、どれほど周りを危険に晒していることか。

→・この警官の行為は褒められない。住宅街で、しかもフロントガラス越しに発砲するなんて、プロとしての自覚なさすぎ。危険極まりない。

 →・近くに小学校があるなら、なおさら発砲を続ける奴らを阻止するために警官が発砲するのは当たり前の行為だろ。これ以上の危険を防ぐためじゃないか。

 ・アドレナリンの放出が強すぎたから、弾が跳ね返ることなど気にせずに合わせガラスに発砲できたのかな。

→・弾丸は十分な速さでガラスを貫通できるだろうから、それは問題ないのでは?


・フロントガラスの角度と撃つ角度によって弾の角度も変わるんじゃないのか?


・ガラス越しにターゲットを狙っても、弾が当たる確率はゼロだよ。民間人の犠牲者の可能性を考えると無謀な行為だ。

→・結果的には何発か容疑者に当たったからよかったけどね。

 出来事から月日が経っても話題になるのは、銃社会アメリカとは言え、衝撃的なケースだったからに他ならない。警察と容疑者合わせて住宅地で65発もの発砲があったのだ。民間人がいつ巻き込まれてもおかしくない。

 結果的には犯人を捕らえることができたが、銃を持つという「自由」の代償は大きいようだ。

References:cbsnews/ written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「殺人容疑」をもっと詳しく

「殺人容疑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ