注目ワード高橋一生・藤井フミヤとデュエット披露 春風亭昇太・春風亭昇太も困惑 上原多香子・旦那 彼女・引退 ソフト・発売 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「恋愛工学」に手を染める“キョロ充”の群れ。噂のナンパマニュアルは男たちを破滅へと導く麻薬!?

messy5月1日(金)18時0分
画像: 週末の新宿でナンパ師の活動を観察してきました。大人しそうな女性ばかりを狙って声をかけていたスーツ姿のサラリーマンが印象的でした……(写真はイメージです)
写真を拡大
週末の新宿でナンパ師の活動を観察してきました。大人しそうな女性ばかりを狙って声をかけていたスーツ姿のサラリーマンが印象的でした……(写真はイメージです)



 毎日ネットに流れてくる膨大なトピックの数々。その中には、“男のクソさ”が原因になっているものも少なくありません。そんな話題を勝手に取り上げながら、桃山商事のメンバーが元気に言いがかりをつけていきます!

【今回のPick upテーマ】

今、オンナたちの怒りを買っている「恋愛工学」とは?

清田代表(以下、清田) 今回のテーマは、作家・藤沢数希さんが有料メルマガ『週刊金融日記』の中で展開している「恋愛工学」です。

佐藤広報(以下、佐藤) これ、何かと話題になってますね。日本有数の購読者数を誇るメルマガで、藤沢さんのTwitterも10万フォロワーを越えている。そして、読者の男性たちが恋愛工学を用いてセックスしまくり、世の女性たちを敵に回しているという……。

清田 そうそう。恋愛工学というのは、ものすごく簡単に言えば「男のためのナンパマニュアル」なんだよね。「どうすれば女の人とセックスできるか」を徹底的に追求したハウツーで、なぜか変な専門用語が満載だったりするため、「女を“モノ扱い”するな!」「ネーミングのセンスがダサすぎるwww」などといった批判を受け、ネットでたびたび炎上している。

佐藤 専門用語には、「ACSモデル」「スト値」「スタティスティカル・アービトラージ」といった意味不明の単語から、「スーパーサイヤ人」「トモダチンコ」「ザオラル」というような少年マンガ的センスのものまで、いろいろある。このあたりに関しては、ライター・青柳美帆子さんのブログにも詳しいね。

______________________

・スト値=女性のルックスを9段階で評価する指標
・スタティスティカル・アービトラージ=統計学に基づくモテの方程式。要するに「モテたければいっぱいナンパしろ」ということ
・スーパーサイヤ人=テンションが上がり、断られるのを恐れずにガンガン声をかけられる状態になること
・ザオラル=疎遠になっている女性と、もう連絡を再び取り合うようになること。

______________________

清田 「工学」という名が示すように、これは女性の落とし方を“科学的”に解明していこうというものなんだよね。海外のカリスマナンパ師たちが実践しているメソッドが下地になっていて、それを“理論物理学の研究者”にして“金融のスペシャリスト”である藤沢さんが、主に進化生物学と金融工学のフレームワークを応用しながら日本の一般男性向けに発展させたもの、というのが恋愛工学の基本的なイメージになると思う。

佐藤 わかるような、わからないような(笑)。まあ、科学的っていうくらいだから、「誰でも理解でき、誰でも実践できる恋愛マニュアル」ってことなんだろうね。

清田 例えば、そのひとつである「ACSモデル」というのは、「女に声をかけてからセックスへ至るまでには3つの段階がある。それぞれ【Aフェーズ】→【Cフェーズ】→【Sフェーズ】(※下記参照)となっていて、成功確率を上げるためには、自分が今どの段階にいるのかを常に意識しながら行動すべし」という教えらしい。

【A】Attract(惹きつける)
【C】Comfort(安心させる)
【S】Seduce(誘惑する)

佐藤 さらに、「このフェーズではこうしろ」という具体的な行動指南まで用意されていて、受講生は現場でナンパを繰り返しながら、心身にメソッドを叩き込んでいくという仕組みになっているんだよね。声のかけ方や女性のランク付け、心を開かせる会話例にホテルに連れ込む方法、関係の切り方から疎遠になってる女性と縁を復活させる方法まで……とにかく細かく、手取り足取り伝授していく。

清田 「女の心を開かせるためには、褒めるよりディスれ」とか、「セックスの誘いをためらう素振り(=通称“グダ”)を女が見せたら、男性器を押しつければ結局OKする」とかね……。ちなみに後者が「トモダチンコ」ってメソッドなんだけど、これ、女性にとっては恐怖でしかないだろうし、もっと言えば“強姦のススメ”だよね。

佐藤 でも、藤沢さん自身もこのメソッドを使ってセックスしまくってるとかで、それが受講生にとって圧倒的な説得力になっていると……。

清田 ナンパで起こり得るあらゆることが言語化されているため、受講生同士でも情報共有しやすいようになっているところも、広まった理由のひとつみたい。例えば「前に新宿で声をかけたスト値7の美女とあけおめザオラルしました!」みたいに、共通言語で会話してるのが特徴的。ちなみにこれ、訳すと「前に新宿でナンパした読モレベルの美女と、新年のあいさつをきっかけに連絡を取り合い、関係を復活させました」という意味になる(笑)。

佐藤 実際、受講生同士はメルマガや個人ブログ、SNSなんかを通じて活発に交流している。「今夜は渋谷界隈に出撃予定なので、ソロナン(=ひとりでナンパ)されてる方がいたら合流しませんか?」みたいなツイートもたくさんあって、一緒に行動することも多いみたいね。すでに恋愛工学コミュニティみたいなのが形成されていて、「今月は3人とセックスしました!」「まだAフェーズの攻略法がうまく実践できません!」とか、成果や反省点を共有している模様。いかにもホモソーシャルっぽいノリで。

清田 誰でも実践可能なノウハウ、多種多様の専門用語、成長や課題を可視化できるシステム、ビジョンを共有する仲間たち……。こういう要素が、多くの男性たちを惹きつけているポイントなんだろうなあ。

手取り足取りのマニュアルが大好きな“キョロ充”たち

佐藤 でもさ、一体何が彼らをそこまで駆り立てているのか、個人的にちょっと不思議で。というのも、実は私も一時期ナンパにトライしてみたことがあるんですが、あれって正直しんどいんですよ。いくら見知らぬ人であろうと、女性からあからさまに拒絶されるのって精神的にキツいわけで、単に「セックスしたい」って気持ちだけじゃとても続けられないと思うのよ。

清田 そこは確かに気になるところだよね。受講生のブログを読んでみるとさ、めっちゃマジメにレポートを書いてたりするのよ。声をかけた件数、連絡先を聞けた人数、かかったお金や時間、習得できたメソッド、その日の反省点など……内容が事細かに記されていて、何と言うか、“自己啓発”のニオイがぷんぷん漂っていた。もっとも、「ナンパの自己啓発化」は社会学者の宮台真司さんが以前から指摘していたことだけど、恋愛工学はまさにそんな感じで。

佐藤 それはちょっとわかるかも。数年前に私がナンパにトライしてみようと思ったのも、元々は「大失恋を乗り越えよう」というモチベーションだったんですが、思えばあれって自己啓発だったような気がします……。

清田 藤沢さんはこの恋愛工学を、「本当に愛する女性に出会うための恋愛テクノロジー」と言っているのよ。つまり、「目的はセックスじゃないよ」って建前になっている。これにより、受講生たちは「俺がやってるのは幸せにたどり着くための修行なんだ!」「メソッドを学んでいろんな女を抱きつつ、心の底から愛せる美女に出会うべくがんばるぞ!」と思い込める仕組みになっている。

佐藤 しかもさ、ネットで恋愛工学が炎上したり、受講生から「女性に怒られました」的な投稿があったりすると、藤沢さんは「大丈夫です。すべて想定の範囲内です。うろたえる必要はありません」みたいな言葉を与えてくれるんだよね。それにより、受講生たちは「よかった!」「俺たちがやってることは間違ってないんだ!」と不安を除去してもらえる。前述のトモダチンコのように、「女が嫌がっても押し切っちゃえば大丈夫です」的な、デートレイプを推奨するような発言もあるのに……。

清田 つくづく手取り足取りだよね。例えば女性から拒絶されたら、大抵は「俺がキモかったからか……?」って不安を抱くと思うんだけど、藤沢さんはそこに、「ちゃんとメソッドを習得できてなかったからですよ」という理由を与えてくれる。相手女性の考えとかは完全に無きものにされていて、受講生は「俺自身が否定されたわけじゃなく、修行が足りなかっただけなんだ!」という発想になる。拒絶されたのは“自分自身”ではなく“修行が足りない自分”ってことになるから、彼らは決定的には傷つかない。

佐藤 相手とも自分とも向き合わなくて済むから、楽なんだよ。何かもう、攻略本を見ながらゲームしてる感じだよね。つまり、藤沢先生が舗装してくれた安全な道を進みながらレベルアップを体感していくわけでしょ?

清田 そうだね。そして、そういうゲームに勝手につき合わされてしまうことが、女性たちが抱いている嫌悪感の一因ではないか……。何の合意もなく成長物語の登場人物にさせられてしまう気持ち悪さ、というか。

佐藤 たまったもんじゃないよね。もちろん、世の中にはナンパで生まれた素敵な出会いもたくさんあるだろうし、それ自体は否定できないと思う。でも、恋愛工学が想定している「女」って、ルックスとスタイル以外に差異がないんだよ。「この技を使えば女はみんなこう反応する」っていうのは、つまり「女性を人間扱いしていない」ってことと同義で、そこが批判されている点でもあるんだけど、それってそもそも恋愛なのかって話だもんね。

清田 うん。そう考えるとさ、恋愛工学に飛びつく男子って、極めて“キョロ充”的なマインドだよね……。

佐藤 キョロ充? それって、あのネット用語の?

清田 そうそう。元々は「リア充グループに必死に食らいつき、浮いたりハブられたりしないよう、空気を読み、まわりの様子をキョロキョロうかがっている連中」というような意味だと思うんだけど、誤解を恐れずに言えば、恋愛工学の受講生ってそういうマインドを持った男たちだと感じる。

佐藤 どういうこと?

清田 キョロ充ってさ、もう少し意味を拡張すると、「おいしい思いをしたいけど、リスクは背負いたくない人」って感じになると思うのよ。コスパ重視で、タダ乗りが大好きで、寄らば大樹の陰で、面倒くさいことからは逃げる人、というか。

佐藤 「飲み会やってよ」とか「行けたら行く」とか言うヤツね。自分では主体的に動こうとせずに。

清田 恋愛工学の受講生って、つまり「藤沢数希の作ったシステムに乗っかってる人」ってことだよね。藤沢さんはBLOGOSのインタビューで「恋愛工学を習得したフツメンのサラリーマンが、恋愛市場でイケメンや金持ちを圧倒している」という内容のことを語っているんだけど、これってキョロ充のプライドをくすぐる言葉だと思う。だって、「君たちはイケてるグループですよ」ってことを言ってくれてるわけで。受講生はそういう立場も買ってるんだよ。「月額864円」という結構なコスパで。

佐藤 なるほど。で、そのグループに食らいつこうと、必死にマニュアルを読んでナンパに勤しんでいると。そう考えると、確かにキョロ充的かもしれないね。

キョロ充をナンパに向かわせるものは一体何か

清田 セックスするためのマニュアル、アンチに対する理論武装、「本当の愛を見つける」という大義名分、「君はイケてるグループの一員」というプライドをそそる承認、課題の発見と成長のプログラム、「みんなもやってる」という一体感、自分を安全なポジションに置ける安心感……こういったものをまるっと提供してくれる恋愛工学って、つくづくキョロ充が飛びつきそうな商材だなあと感じる。

佐藤 だとしたら、キョロ充たちはなぜそういったものを求めるんだろう? 恋愛工学について考えるなら、多くの男子の中に存在する“キョロ充性”について深く掘っていく必要があるように感じる。

清田 それで言うと気になるのは、受講生たちのブログを読んでいるとさ、みんな笑っちゃうくらい「美女を抱く」ってことにこだわってるじゃない?

佐藤 そもそも恋愛工学って、藤沢さんが定義するところの「中の上(=スト値6)」以上のレベルの女性とセックスすることを目標に開発されたシステムみたいだしね。

清田 だから、みんな異様にその数値にこだわっている。「スト値5以下の女子に投下するリソースはない」とか堂々と書いてる人もいて、そりゃ炎上するわなって話なんだけど、そういうものを読んでると、「この人たちってまだ教室の中にいるんだな……」って感じがしてくるのよ。

佐藤 教室って?

清田 つまり、メンタリティが学校にいるときのままというか。キョロ充ってさ、いわゆるスクールカースト的に言えば、それこそ「中の中」とか「中の下」ってポジションになると思う。イケてるグループではないけど、かといって最下層の非モテ層でもない。

佐藤 まあ、大体の人がその層に入るよね……。実は一番数が多かったりする層かも。

清田 で、恋愛工学の受講生たちが目指しているのって、要するに「教室でイマイチ目立たなかった俺が、学年一の美女とセックスできるなんて!」というサクセスストーリーなんだと思う。ランク意識に囚われているのは多分、中途半端なプライドとコンプレックスを抱えたまま学生時代を過ごしてきたからではないかと。

佐藤 キョロ充って、非モテグループを見下してプライドを保つ一方、ヤンキーや人気者に嫉妬しつつ媚びるという態度を取るもんね……。

清田 そうそう。非モテをこじらせた人ほどの強烈なコンプレックスはない。でも、モテるためにめっちゃ努力してきたわけでもない。“教室で浮かない程度のポジション”をキープしたまま大人になっちゃって、何とな〜く満たされないプライドと、放置したままの薄〜い劣等感が、徐々に徐々に腐敗臭を放ってきた。そういう中で、藤沢数希が提供する完璧に整備されたシステムに飛びついたのではないか……。

佐藤 自分に対する見積もりと現実の自分が、ずっと乖離したままだったんだろうなあ。そのモヤモヤは何となくわかる。恋愛工学のメソッドって、突きつめると「パターンを身につけ、自信満々に振る舞えばセックスできる」ってことを言ってるじゃない?

清田 ビビったり迷ったりすることを「非モテコミット」と名づけ、これを禁止してるもんね。

佐藤 これっておそらく、高校時代とかにモテていた男子の態度をトレースしたものなんだと思う。そういうヤツらが動物的な勘でやっていたことを理論化し、誰でも再現可能なところまで落とし込んだのがこの恋愛工学なんだよ。

清田 まさにそうだね。そして藤沢数希が、「モテ男たちがやっていたのはこういうことですよ。彼らが特別スゴかったわけじゃなく、君たちにだってできることですよ」というメッセージとともに伝授していく。それによって、当時のコンプレックスを晴らす効果もあるのかもしれない。

佐藤 実際、私がナンパをしていたときも、まあことごとくガン無視されたわけですが、段々ビビらずに声をかけられるようになっていく自分に対し、「俺だってダイジョブじゃん!」「俺はチキン野郎じゃない!」って、少しずつ自信が湧いてくるような感覚がありました。

清田 それは素敵なことだと思うけど、その成長のためのコストを勝手に背負わされる女の人にとってはいい迷惑だよね。トライ&エラーを繰り返して成長していくというサイクルって、別に仕事でも趣味でも何でもできることでしょ。なのに、なぜ努力の矛先がナンパへ向くのか……。

佐藤 退屈だからのような気がするな。多分、セックス以外に興奮できることがないんだよ。しかもさ、学生時代って「モテるためには勉強やスポーツやオシャレをがんばる」みたいな発想があったと思うけど、それに対して恋愛工学は、「セックスしたいなら、セックスするための努力をするのが最も効率的だ」というダイレクトな近道を提示している。そのコスパがいい感じも、キョロ充をナンパに駆り立てる一因かもしれない。

恋愛工学は救いの書か? それとも破滅へと導く麻薬か?

清田 恋愛工学が興奮や快楽だけをダイレクトに、しかも手っ取り早く味わうためのものだとしたら、それって要するに“麻薬”みたいなものだよね……。そう考えると、受講生たちは破滅の道をばく進しているようにも見えてきた。

佐藤 いや、マジでそう思うわ。藤沢さんは「心の底から愛せる美女に出会うことがゴール」と言ってるけど、「この人だ!」って、受講生たちは何をもって判断するのかホントに疑問だよ。だって、彼らの判断材料ってルックスとスタイルしかないわけでしょ。となると、原理的には際限がない。仮に彼らが思う美女とセックスできたとして、「教室でイマイチ目立たなかった俺が、学年一の美女とセックスできるなんて!」という気分に酔いしれることができたとしても、そこがゴールになるのかなあ。

清田 確かに疑問だよね。「もっと上を狙えるんじゃね?」って発想になりそう。

佐藤 しかもさ、こういうヤツが最終的にゲットしたいのって、おそらく「ナンパについてこないような女性」なわけでしょ? ナンパに勤しみながら、ナンパについてくる女の人を見下している。実際そういうことを書いていた人もいたしね。だとすると、結局何がしたいのって話じゃん。

清田 これはとあるナンパ師に聞いた話なんだけど、ナンパを辞めた後も、例えば街を歩いているだけで“機会損失”のような感情に苛まれるらしい。「声をかければセックスできたかもしれないのに、それをみすみす逃しているようでもったいない!」と……。

佐藤 もしそうだとしたら、仮に結婚したところで、浮気への誘惑は続くだろうね。それって結構苦しいことだと思う。

清田 あと、これはわりと大きな問題だと思うけど、女の人を点数化するような価値観で生きていると、自分自身の欲望が拾えなくなっちゃうという弊害があるような気がする。

佐藤 どういうこと?

清田 つまり、恋愛工学を実践するって、つまり「いいか悪いか」の判断を外部の基準に委ねるってことだよね。となると、「個人的には好きだけど、スト値5だからナシだな……」みたいなことが起きてしまう。で、そういうことを繰り返していく内に、自分の中の「好き嫌い」がよくわからなくなっていく恐れがある。

佐藤 それはめっちゃよくわかる! 私もマジでそんな感じで、高校時代、好きになった女の子を男友達に紹介したら、微妙な空気を出されたことがあって。何か「お前、趣味悪くね?」って言われてるような気がして、そこから自分の好みを表明するのが怖くなっちゃって。それ以来、みんながカワイイって言うような女子しか好きになれないメンタルになっていったような気がする。そう考えると、私も恋愛キョロ充ですよ。ていうか、その男友達ってあなたでしたよね?

清田 あっ、そんなこともあったような……。た、確かにそんな態度を取ったように思います。我々は中高と男子校に通ってたんだけど、あの頃はまさに女子を数値化するような価値観の中に生きてましたね……。あのまま大人になってたら、我々もメルマガを購読してたかもね……。

佐藤 まあ、それって単なる自己防衛だよね。自分の気持ちに自信があれば、まわりの目線なんて気にならないはずだし。でもさ、キョロ充って自分の欲望を抑えて生きてきた人なんだと思う。欲望を表明することって、実は覚悟とリスクを要することだから。そういうことをせず、ひたすら空気を読みながら多数派から漏れない生き方を選択してきた。だから、そういう意味でも恋愛工学とキョロ充は相性がいい。

清田 確かにそうだと思うけど、やっぱりそれを実践し続けるって苦しいことなんじゃないかな。ていうか、ちょっと残酷だよ。だって、「お前らの気持ちなんか関係ないよ」って言われてるのと同義でしょ。恋愛工学は女の人を人間として扱わないのと同時に、実は受講生をも人間として見ていない。

佐藤 あ〜、確かに。「マニュアル通りやればセックスできる」というのは、裏を返せば「誰が実践しても一緒」ってことだもんね。つまり、「別にお前じゃなくてもできるし」と言われてるのと同じってことか。

清田 そうそう。実は人格を無視されてるわけで、じわじわ苦しくなってくると思う。だとしたら、受講生たちが幸せになるためにはどうしたらいいんだろう? まあ、超絶余計なお節介だと思うけど……。

佐藤 やっぱりさ、月並みのことだけど、傷ついたり恥をかいたりするしかないんじゃないかな。恋愛工学って、突きつめると「傷つかないようになるためのマニュアル」なんだよ。全部「修行が足りなかった」で片づけられるわけで。

清田 「声をかけた女性に彼氏がいて、そいつに絡まれたときの対応策」なんてのも教えてくれるらしい。そう考えると、藤沢さん自身もめっちゃ傷つきたくない人なのかもしれない。じゃなきゃここまで行き届いたマニュアルを作れないと思う……。

佐藤 だから、いくらこれを繰り返しても、技だけが磨かれるだけで、自分自身は変わらないような気もする。そりゃナンパで女性に冷たくあしらわれたらヘコむけど、それって当たり前っちゃ当たり前の話で、実は決定的には傷つかない。

清田 なるほど。

佐藤 それよりも、関わりのある人たちの前で恥をかいたり、そういう人に迷惑かけちゃったりすることの方がダメージはデカい。だから、ナンパして修行したような気になってないで、具体的な誰かとちゃんと向き合いやがれ……と、激しく自分に問いかけながら思った次第であります!

清田 いくらたくさんセックスしても、相手のことも自分のことも「人間扱い」できるようにならなきゃ、おそらく恋愛はできないもんね……。なぜなら、それは究極の人間関係だから。確かに美女には出会えるかもしれないけど、多分「好きな人」には出会えないだろうし、関係性を構築して相手のいろんな一面を発見していく喜びも味わえない。

佐藤 よく考えたら、恋愛って、恋愛工学的な価値観に照らすと「最もコスパが悪い行為」ってことになるよね。

清田 だとしたら、そもそも何で「恋愛工学」なんて名前なのかも疑問に思えてくるね……。

■桃山商事 清田代表・佐藤広報/二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット「桃山商事」。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。コンセプトは“オトコ版 SEX AND THE CITY”。著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が発売中。Twitterはコチラ。



 

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「恋愛」「ナンパ」「マニュアル」「麻薬」の関連トピックス

「恋愛」をもっと詳しく

注目ニュース
「彼女いるの?」一枚上手な彼の答えは…告白前に撃沈したエピソード Menjoy![メンジョイ]5月28日(日)10時20分
気になる男性が現れたら、とりあえずアプローチ!という人も中にはいると思いますが、多くの人はまず自分が脈アリなのかを確かめたいところでしょう。[ 記事全文 ]
「きょうだい」の葛藤が「私」の性格を決める訳 All About5月28日(日)21時15分
「しっかりキャラ」の兄姉VS「頼りないキャラ」の弟妹幼い頃から「きょうだいなのに全然似てないね」と言われて育ってきた人は、多いもの。[ 記事全文 ]
「ホテル全室の受信料払え」NHKvs東横イン、巨額受信料をめぐる20年戦争の裏側 弁護士ドットコム5月28日(日)9時21分
NHKは5月9日、2016年度決算の速報を発表し、受信料収入が3年連続過去最高であることを報告した。背景には、受信料徴収の強化がある。[ 記事全文 ]
関わったらダメな男性の3大特徴は? All About5月28日(日)21時50分
ダメ男にひっかかっちゃダメ!どんなにイケメンで社会的地位があろうと、関わらない方がいいダメ男は存在します。[ 記事全文 ]
焼死、爆死、切断…! ハリウッド映画の撮影現場で起きた悲惨すぎるアクシデント5選 tocana5月28日(日)13時0分
銀幕の中で輝きを放つ多くの俳優たちも、撮影現場では身を危険に晒しながら働いている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「彼女いるの?」一枚上手な彼の答えは…告白前に撃沈したエピソードMenjoy![メンジョイ]5月28日(日)10時20分
2 「ホテル全室の受信料払え」NHKvs東横イン、巨額受信料をめぐる20年戦争の裏側弁護士ドットコム5月28日(日)9時21分
3 焼死、爆死、切断…! ハリウッド映画の撮影現場で起きた悲惨すぎるアクシデント5選tocana5月28日(日)13時0分
4 青白いUFOが異次元ポータルに吸い上げられる衝撃の瞬間が撮影される(タイ)カラパイア5月23日(火)22時30分
5 【警告】富士山噴火は東京オリンピック前に起きる!! 学者たちも“不穏な兆候”に戦慄、噴火前には東京湾を巨大津波が襲う可能性も!tocana5月24日(水)13時0分
6 泰葉さんがブログで「最後にもう一人告訴します 和田アキ子です」「いいかげんにせんかい こちらのセリフ!」ガジェット通信5月27日(土)19時15分
7 飲んでもムダな薬リスト #1文春オンライン5月27日(土)11時0分
8 なかなか使えるぞ!個人賠償責任保険All About5月26日(金)23時0分
9 販売終了の「カール」、早くもメルカリで高額転売BIGLOBEニュース編集部5月26日(金)13時35分
10 カール生産終了発表で品切続出!買えないから工場でもらって来た!ガジェット通信5月27日(土)18時30分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア