現役医師がホンネで勧める「胃」の検査とは?

5月3日(金)17時15分 All About

胃の検診といえば、「胃バリウム検査」や「胃内視鏡検査」、最近では「胃がんリスク検診(ABC検診)」というのもあります。

写真を拡大

「バリウム検査はキツい!」 バリウム検査に悩まされる人たち

健康診断が近づくと、バリウムがイヤだ、コワイ、どうしたらいい……。そう悩まされている方も少なくないようです。中には「ゲップをしてしまったために胃を膨らませる薬を何度も飲まされて苦しんだ」、「飲んだばかりのバリウムをフルリバースした過去がある」など苦い経験がある人も。

バリウムを飲むと便秘になるので、もらった下剤を飲んでも後が心配という声も聞こえてきます。バリウム検査には被爆の問題もありますし、検査時に検査台が結構動くので、台から落ちて怪我をする可能性もないわけではありません。では胃の検査には、バリウム検査以外にどのような選択肢があるのでしょう?

「バリウム検査」以外の選択肢は?

「バリウム検査」に代わる検査といえば「内視鏡検査」でしょう。内視鏡検査も、最近では受診者への体の負担が小さい経鼻内視鏡検査というのもあります。「エコー検査」や「CT検査」は、腸の腫瘍を見つけることは難しいので、代わりの検査とはなりません。

「胃がんリスク検診(ABC健診)」は、血液検査から「ピロリ菌の存在」や「胃粘膜萎縮の程度」がわかり、そこから胃がんのリスクが判別できますが、最終的な診断をするためにはバリウム検査か内視鏡検査で確認することが必要になります。

「カプセル内視鏡」も今後健診で使用できる時代が来るかもしれませんが、大腸内視鏡検査で飲む腸の洗浄液ですら多くてキツイとされている中、その2倍以上(4リットル程度)を飲む必要があります。

また、胃や大腸などの管腔が大きい部位をくまなく撮影することが難しく、組織検査もできないなどの問題点があり、胃や大腸では内視鏡検査の優位点が高いのが現状です。検査が難しい小腸ではカプセル内視鏡検査が積極的に用いられています。

「口からの内視鏡」と「鼻からの内視鏡」の違いは?

鼻から入れる内視鏡は、口からの内視鏡に比べて非常に細く、挿入時に舌を圧迫することが少ないので、「オエオエ」いう嘔吐反射の苦しさがあまりありません。鼻からの内視鏡を行った人は次回も鼻から希望される方が多いようです。欠点としては、口からの内視鏡に比べて画像の質が少し落ちること、鼻が狭い人は挿入が困難なことなどがあります。

麻酔をして内視鏡検査を受けることは可能? 料金は?

希望のある方には鎮静剤を用いて検査をすることも可能です。内視鏡検査での鎮静は、開腹手術などで用いる全身麻酔と違って、意識が完全に消失するのではなく、呼びかけに応えたり、体位変換時の声掛けに自分で動ける程度の中等度鎮静(意識下鎮静)になります。

全身麻酔に比べて偶発症はそれほど多くなく比較的安全に検査ができますが、それでも鎮静により呼吸抑制や循環抑制などの偶発症は起こる可能性があるので、モニターなどで十分に管理しながら検査を行う必要があります。また、鎮静剤を使用した場合には、2時間程度休んでから帰ってもらう必要がありますし、原則として車の運転ができません。

また、鎮静剤を使って検査を行うには設備や人員等が必要になるので、すべての医療機関で行える訳ではありません。鎮静剤を希望する場合は、可能かどうか事前に確認しておいた方がいいでしょう。鎮静剤使用の料金は、医療機関により異なりますが数百円から千円程度の追加料金ですむところが多いようです。

「胃がんリスク検診(ABC検診)」とはどんな検診?

胃がんリスク検診(ABC検診)は、血液検査だけで「ピロリ菌感染」と「胃の健康度(胃粘膜萎縮の程度)」がわかります。この組み合わせによって胃がんのリスクの判別が可能になります。

胃がんのリスクによって、毎年胃の検査を受けたほうがいい人、数年に1回の検査でいい人と分けることができます。ピロリ菌感染がなく胃粘膜萎縮もない人は、5年に1回程度の胃の検査でもいいとされています。

ズバリ! 医師が勧める胃の検査は?

消化器専門の医師に「自分が受けるなら、バリウムと内視鏡のどちらを受けますか?」と聞くと、ほぼ全員「内視鏡検査」と答えるでしょう。内視鏡検査の方がクリアに胃の中を見ることができ、同時に組織検査も行えるので、バリウム検査よりも優れていると考えている医師が多いからです。

ただし、内視鏡検査の設備も数が限られていますし、料金的にもやや内視鏡検査のほうが高いので、「健康診断は内視鏡検査でしましょう」とは声を大にしては言えません……。

不安が強い患者さんに勧める胃の検査は? 検査の頻度を下げるのは可能?

一番正確に見ることができる検査は、口からの内視鏡検査でしょう。しかし、私も何度か受けた経験がありますが、正直検査がキツくないとはいえません。鼻から行う内視鏡検査の方が嘔吐反射が少なく、検査のキツさが軽減できるので、健診ならば経鼻内視鏡で行ってもいいと思います。

それでも不安が強い場合は、鎮静剤を使用してもらうのもいいでしょう。胃の検査を受ける頻度にしても、「胃がんリスク検診」で胃がんのリスクが低いと判定された人は、数年に1度と検査の間隔を延ばすことも可能です。

ここだけの検査のハナシ

医師が自分自身の検査を受ける場合、どこの医療機関のどの医師に検査してもらうかを事前に確認することが少なくありません。というのも機材が同じでも、医師の腕前により検査のキツさや診断の正確さが異なる可能性があるからです。

以前、研修医の練習にと、自分自身を実験台に胃内視鏡検査をしてもらったことがあります。その際は、「医師の熟練度で検査のキツさがこうも違うものか」ということを身を持って痛感しました。研修医が健診を行うことはありませんが、熟練度で検査のキツさが変わることもあるので、担当医の情報があったほうが安心かもしれません。
(文:今村 甲彦(医師))

All About

「医師」をもっと詳しく

「医師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ