見晴らしの良い大地に巨大なR2D2が立つ。スターウォーズの世界を閉じ込めたドイツの天文台

5月5日(日)18時30分 カラパイア

000

 スターウォーズシリーズの初期からずっと登場しているR2-D2は、ナブー王室専用機に備え付けられた宇宙船や電子機器のオペレートを主目的としたアストロメク・ドロイドである。

 そして今、新たなる使命をもって地球にやってきたようだ。

 ドイツ、ツヴァイブリュッケン大学の構内の見晴らしのいい大地には、巨大なR2-D2型の天文台が立っている。R2-D2を通して宇宙や星を観察することができのだ。

Star Wars in Zweibrucken: R2D2 hat einen grosen Bruder

・SWファンの教授がこれまでの天文台をバージョンアップ

 このR2D2は、大のSFファンであり、この大学でスタートレックとスターウォーズの講義を行っているウーベルト・ズィット教授が、彼の義理の父であるホルスト・ヘラや画家のクラウス・ラフィン、何人かの学生に協力してもらい、これまでの天文台をバージョンアップさせたものだ。

ツヴァイブリュッケン大学にあった今までの展望台

2018年9月にR2D2へと進化した天文台


 世界中に根強いスターウォーズファンがいる。この天文台はSNSで話題となり、更に、ルーク・スカイウォーカー役である俳優、マーク・ハミルさんがツイートしたことで爆発的に拡散されていった。

今ではスターウォーズの聖地の1つとなり、続々とファンが訪れているという。



written by どくきのこ / edited by parumo

カラパイア

「スターウォーズ」をもっと詳しく

「スターウォーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ