これって私だけ? 女性にとって男性の理解できない行動3つ

5月6日(木)11時30分 yummy!

デートの度に口論になってしまう…そんなカップルはいませんか?恋愛の向こうにある「結婚」がなかなか見えないという方は、男性心理が理解できていないのかも。男の恋愛観や恋愛心理において、男女で大きく違います。男性の考えを理解することで、将来の二人の姿が見えてくるかもしれませんよ。

目次

1.遠回しに言わない

女性の場合、相手を傷つけまいとして遠回しに物事を伝える傾向があります。恋愛でも同様、結婚を考えてほしいという気持ちをなかなか伝えられずに、「今日もまた現状維持で帰宅してしまった」と嘆いてしまうのです。男性は女性の心の変化をキャッチするのが非常に苦手。たとえ女性側がサインを投げかけていても、全く気付くことができません。
女性から気持ちを伝えたい場合には、遠回しに言わず直球で勝負をすること。思ったことをストレートに伝えることで、男性はあなたの気持ちを理解することができるでしょう。
その結果、二人の付き合いを前向きに捉え、これからの関係を見直すきっかけになります。
基本的に男性は、自分が思ったことをハッキリ伝えます。その直球な物言いのせいで、喧嘩になることもあるでしょう。男性が遠回しの言い方をしないと認識するだけでも、喧嘩の回数はグッと少なくなるかも。

2.期待を持たせる言葉はNG

相手のことを考える間もなく、ストレートに伝えると相手を傷つけないか不安になるでしょう。しかし女性のそういった態度が、男性にとっては分かりにくいと思われてしまうことに。
たとえば全く興味のない異性から誘われた際に、「仕事が忙しいから」という断り方をすることありませんか?女性にとっては、完全にノーという意味で伝えたはず。しかし男性は「だったら、繁忙な仕事がなくなったらOKなんだね」と捉えてしまいます。
こういった考え方の違いで「何度も断っているのに、追いかけてくるウザイ男」ができ上がってしまうのです。男性としてはチャンスがあるから追いかけてくるだけなので、安易にウザイ男に仕上げるのは酷いかも。
男性のためにも、できるだけイエスかノー、1か0の二択で答えてあげましょう。そうすることでトラブルを避けることもできますよ。

3.はっきり言わないけど、そばにいるのが答え

ハッキリ伝えないと理解できないのが男性。でも実は女性に愛の言葉を伝えるのは非常に苦手です。「好き」「愛している」という言葉が抽象的なイメージ過ぎて言葉にできないという男性も多く、中には拒否されるのが怖いという男性も。言葉ではハッキリ言わないけれど、女性のそばにいることが気持ちの表れと思っている傾向があります。つまり言葉よりも行動で、気持ちを示そうと努力しているのです。
しかし女性にとっては、言葉でハッキリ愛を伝えてほしいもの。そのため男性の行動が理解できずに喧嘩になってしまいます。無理に言葉を求めずに、普段の態度や接し方で愛を感じるのも一つの手です。きっと、あなただけにする特別な態度があるはず。

おわりに

男性は、女性よりも単純でストレート。遠回しな言い方をせずに、ストレートな言葉を相手に伝えるだけで、きっと今まで以上に2人の関係はよくなるはずです。ただ愛の言葉だけは苦手な面も持っています。そのことも男性のカワイイ面と理解してあげてくださいね。
(yummy!編集部)

yummy!

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ