トヨタ「タウンエース」「ライトエース」を一部改良--盗難防止システム装備

5月8日(火)17時51分 マイナビニュース

トヨタ自動車は8日、商用車「タウンエース」ならびに「ライトエース」を一部改良し、タウンエースは全国のトヨタカローラ店、ライトエースは全国のネッツ店を通じて、6月7日に発売すると発表した。

「タウンエース」と「ライトエース」は、バンとトラックを展開する、1.5Lガソリンエンジン搭載の商用車。今回の一部改良では、盗難防止システム(イモビライザーシステム)を全車に標準装備し、防犯性に一層配慮した。あわせて、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。

「タウンエース」と「ライトエース」の価格は、バンが157万8,960〜209万7,360円、トラックが143万9,640〜188万3,520円、TECSのパワーリフト車が187万1,640〜220万7,520円(価格はすべて税込)。

マイナビニュース

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ