小瀧望演じる光の意外な弱点に「可愛すぎ」…「白衣の戦士!」4話

5月9日(木)0時11分 シネマカフェ

「白衣の戦士!」第4話 (C) NTV

写真を拡大

中条あやみの「元ヤン新米ナース」と水川あさみの「婚活中がけっぷちナース」のコンビをメインに描くドラマ「白衣の戦士!」。5月8日(水)放送の4話は沢村一樹演じる看護師長の家族が登場。

中条さん演じる元気で明るく情に厚い、失敗してもくじけない“元ヤンの新米ナース”立花はるかが、看護学校を卒業し四季総合病院で働くことになる。はるかの指導係となったのが水川さん演じる三原夏美。ドジで仕事に不慣れなはるかに“姉御肌の頼れるベテランナース”夏美は手を焼きつつ、2人の間に少しずつ絆が生まれていくという展開の本作。


はるかと同期だがとても優秀な体育会系男子・斎藤光役で小瀧望が出演するほか、片瀬那奈、鈴木紗理奈、小松彩夏、安田顕、沢村さんらが共演している。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


ある日、看護師長・本城(沢村さん)の娘・紗耶(川島鈴遥)が虫垂炎で入院。7年前に離婚して以来、元妻・美紀(霧島れいか)のもとで暮らしているという紗耶は、バリバリのギャルになっていた。入院早々自由気ままな行動で問題を起こす紗耶に振り回されるはるかと夏美。肝心の本城は紗耶との接し方がわからずオロオロ。さらに元妻の登場に本城を意識しはじめていた夏美の心が揺れる。

さらに手術をしようとする柳楽(安田顕)に対し、沙耶が「手術は絶対に嫌だ」とかたくなに拒否する。実は紗耶は好きな人がいて夏に海に行く約束をしていた……というのが今回のストーリー。


今回視聴者が注目したのは光の意外な“弱点”。寮の前で光と出くわしたはるかは、いきなり「お前じゃないとダメなんだ」と言われ、その気になって光の部屋に行ったもののゴキブリ退治を頼まれる…という展開に「まってちょっとえっ斎藤くんかわいい」「虫が怖い斎藤くんめっかわじゃん」「可愛い!!!!虫苦手なのかわい!!」「やっば。小瀧さん可愛すぎ」などの声が上がり、タイムラインは光=小瀧さんへの“可愛い”コメント一色に。

また挿入歌で流れた三浦大知の「片隅」にも「今日も素敵なシーンで、片隅流れましたね」「今夜はちよっと甘酸っぱい」「毎回 最高のタイミングで最高に優しい大知くんの声が聞こえてくる」など数多くの反応が寄せられている。

シネマカフェ

「白衣の戦士」をもっと詳しく

「白衣の戦士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ