究極のハイブリッドスイーツ バウムクーヘンと掛け合わせたのはバスクチーズケーキ!

5月10日(金)11時53分 OVO[オーヴォ]

バスクチーズバウム

写真を拡大

 ドイツ発祥の焼き菓子だが、日本で非常に人気があるスイーツの1つ、バウムクーヘン。中には、定期的にお気に入りの店で購入しているという人もいるだろう。手作りバウムクーヘンの専門店「せんねんの木」(信栄開発・千葉県市原市)は、話題のバスクチーズケーキと融合させた、ハイブリッドスイーツ「バスクチーズバウム」(税別1,200円)を5月限定で発売した。

 コンビニでも見かけるようになったバスクチーズケーキは、文字通りスペイン・バスク地方で誕生したチーズケーキ。レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの中間のような食感で、表面にしっかり焼き色を付けているのが特徴だ。

 バスクチーズバウムは、バスクチーズケーキの中(!)に、1時間かけてゆっくりと焼き上げた特製のバウムクーヘンを入れて、絶妙な焼き加減で仕上げたスイーツ。チーズケーキと相性抜群の千葉県産ブルーベリーも使っていて、チーズの濃厚さ・ブルーベリーの酸味・バウムクーヘンの優しい甘さが合わさったハイブリッドスイーツになっている。販売は、せんねんの木 factory&cafe祇園店とせんねんの木patisserie君津店。

OVO[オーヴォ]

「バスク」をもっと詳しく

「バスク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ