山本美月、セクシーショット連発で「コスプレを!」の声 松坂桃李との急接近を危惧するファンも

5月11日(土)8時0分 おたぽる

「FRIDAY」(講談社)4月19日発売号より

写真を拡大

 女優でモデルの山本美月が、4月19日に発売された週刊誌「FRIDAY」(講談社)の表紙&グラビアページに登場。肌の露出が多めのセクシーショットを連発し、「この世のものとは思えぬ美しさ!」「恐ろしいほど脚が長い」などと絶賛する声が相次いだ。


「167cmの高身長、股下83cmという抜群のプロポーションを武器に、2009年から17年まで専属モデルを務めた女性ファッション雑誌『CanCam』(小学館)でも圧倒的な人気を誇った山本。そのスタイルの良さは健在で、今回はショートパンツやミニスカートで美脚ぶりをアピール。さらにソファに横たわるショットでは胸の谷間がチラ見えするといったセクシーさに、ファンたちは大興奮。山本といえばアニメや漫画好きを公言し、コスプレを披露することもあるため、インタビュー中の『今年はSNSなどを通じて、自分をどんどん発信していけたら』という発言に対しては、『ぜひともセクシー系のコスプレショットを!』とファンから期待する声が寄せられたようですね」(芸能関係者)


 しかし、このアニメ&マンガ好きに関しては、4月16日からスタートしたテレビドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)で共演する松坂桃李も以前から公言しているため、「必要以上に親密な仲になってしまうのでは?」と危惧するファンが続出している。


「オタク傾向が強いことを開けっ広げにしている点が共通する2人。同ドラマの番宣のためにバラエティー番組に出演した際には、この共通項について触れられることが度々ありました。4月11日に放送された『VS嵐』(同)でも松坂が山本に対して、オタク同士の不器用な恋愛模様を描いたコミック『ヲタクに恋は難しい』(一迅社)をおススメする場面があったため、『オタク同士で恋愛しよう、というアピールでは?』と勝手に深読みし、悶々とするファンも少なくなかったようです」(同)


 車いす生活を送る男性と、高校時代の同級生との恋愛を描いた同ドラマ。初回の平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と振るわなかったが、山本と松坂がリアリティーのあるカップルを演じられるようになれば、2ケタ台到達も見えてくるかもしれない。

おたぽる

「山本美月」をもっと詳しく

「山本美月」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ