無駄にゾンビの個性が強すぎるーー! とクセの強いホラー映画8選 / 「恋をする」「フツーにしゃべる」など

5月11日(土)17時45分 Pouch[ポーチ]

今やゾンビをテーマにした映画やドラマは、数えきれないほどあります。

大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』以降、ゾンビの魅力にすっかりハマって、寝ても覚めてもゾンビ作品ばかり観ているのですが、毎日1作ずつ観ても全く終わりが見えません

そうやって日々ゾンビと対峙してきたことで、ふと気がついたことがあったんです。それは、「ゾンビにも個性がある」ということ……!

【その1:ゆっくり歩くタイプ】

ゾンビといえば、「ゆっくりと歩く」という特性が定番。ゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督作品然り、先に触れた『ウォーキング・デッド』然り、とにかくゆっくり、のたりのたりと歩く姿が印象的です。

“低速ゾンビ” をより楽しく堪能できるのが、老人ホームのおじいちゃん・おばあちゃんたちがゾンビたちとの攻防戦を繰り広げる映画『ロンドンゾンビ紀行』。おじいちゃんとゾンビによる、史上最強に遅いおいかけっこを見ることができますよ〜!

参考リンク:Amazon

【その2:めちゃくちゃ足が速いタイプ】

定番の「足が遅い」というイメージをくつがえすのが、足がめっちゃ速いゾンビたち。あまりにも速すぎて、捕まらない自信が全く湧いてこないんです。

“俊足ゾンビ” を楽しめる作品は数多くあるのですが、おススメはブラッド・ピットさん主演の映画『ワールド・ウォーZ』と、Netflix配信の韓国ドラマ『キングダム』

走るどころか猛烈ダッシュをかましてくるので(しかも飛びついてくる!)、驚きを通り越して笑ってしまうかも!?

参考リンク:Amazon Prime Video、Netflix

【その3:ジャンプ力がすさまじいタイプ】

ジャンプ力は俊足ゾンビの特性として挙げられるもののひとつなのですが、大泉洋さん主演の映画『アイアムアヒーロー』に出てくる “ハイジャンプをするゾンビ” というのは、そうそういないのではないでしょうか。

「生きている頃によく行っていた動作を延々繰り返す」というのはゾンビあるあるなのですが、ハイジャンプするゾンビもまさにこれ。フツーのハイジャンプではなく、ビルの屋上までジャンプするほどの跳躍力があるからチビりそうになります。

参考リンク:Amazon Prime Video

【その4:意志を持つタイプ】

話すことはできないけれど、仲間意識をもって団結しあう。それが映画『ランド・オブ・ザ・デッド』のゾンビたちです。

仲間を殺されたことに憤り、立ち向かっていくゾンビたちの姿に、親近感を覚える人も少なくないはず……!

また意志を持っているであろうゾンビは、人間がゾンビ狩りを楽しむ世界が描かれた『ゾンビ・サファリパーク』にも登場。自分たちを利用した人間を指さし、報復しようとする様子が描かれています。

参考リンク:Amazon prime video[1][2]

【その5:泳ぐタイプ】

ゾンビは基本的に水を嫌うものですが、その一方で、泳げるゾンビも存在します。

映画『ハウス・オブ・ザ・デッド』にはそれはそれは上手に泳ぐことができるゾンビが登場するのですが、歩く速度は従来のゾンビさながらに遅いので、今作にかぎっていえば、むしろ水の中の方が強いといえましょう。

参考リンク:Amazon

【その6:働くタイプ】

ゾンビをペット化し、家のお手伝いさんとして働かせているのが、カナダ映画の『ゾンビーノ』。主人公家族が飼っているゾンビは、いじめっ子から助けてくれるなどとても気が良く、家族から愛されていて、ゾンビに対する見方ががらりと変わるに違いないんです。

参考リンク:Amazon Prime Video

【その7:恋をするタイプ】

ゾンビに感情なんてないと思うでしょう? でも映画『ウォーム・ボディーズ』に出てくるゾンビは、人間を好きになってしまうからビックリするし、ほっこりしちゃうんです。

人間の女の子を好きになったゾンビの主人公は、女の子を襲うのではなく、守ろうとします。そんな心優しいゾンビに、女の子も次第に心を開いていくのですが……。この続きは、あなた自身の目でたしかめてみてくださいね♡

参考リンク:Amazon Prime Video

【その8:フツーにしゃべる(そして事件を解決する)タイプ】
ゾンビというと、「あ〜〜」とか「ううううう」とか、言葉にならない声を発するのみ。

ですが海外ドラマ『i ゾンビ』に出てくるゾンビは、人間と全く同じようにおしゃべりするし、亡くなった人たちの脳みそを食べることで、事件を解決しちゃうんです(脳みそを食べるとその人が体験したビジョンが見えるようになる!)。

参考リンク:Amazon Prime Video

【ガッツがありすぎるゾンビも…】
さて、いかがでしたか。ゾンビと一口に言っても、いろいろなタイプのゾンビがいるということがおわかりいただけたんじゃないかと思います。

ちなみにわたしが好きなのは、韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』に出てくる、全然へこたれないゾンビたち

ゾンビは基本、なにがあっても追いかけてくるのが定番。ですがこの作品に出てくるゾンビたちは他作品を上回るガッツがあって、2階から落っこちても、腕が変な方向に曲がっても、めげずに一途に追いかけてくるんです。

追いかけられるほうとしてはたまったものではありませんが、あまりに頑張り屋さんすぎて、愛着を持ってしまうこと必至ですよ〜!

執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

Pouch[ポーチ]

「ゾンビ」をもっと詳しく

「ゾンビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ