「僕のネギたま牛丼がああああああ」 横転した自転車、絡みつく牛肉...とある高校生を襲った悲劇

5月15日(金)17時0分 Jタウンネット

ああ...(画像ははこさんが5月12日に投稿)

写真を拡大


突然だが、こちらの投稿をご覧いただきたい。

この悲劇的な光景は、ツイッターユーザーのはこさんが、2020年5月12日に投稿したもの。目に飛び込むのは、地面に散乱した牛丼である。おまけに横転した自転車の前輪に、牛肉がこびりついてしまっている。

思わず「僕のネギたま牛丼がああ(中略)ああ!」と声が出てしまうのも頷ける光景である。

悲惨すぎる牛丼の姿やはこさんの悲痛な叫びに、投稿をみたユーザーからは、

「今世紀一かわいそう」
「想像以上に大惨事だった(小並感)」
「何でこーなったwwwwww」

といったツイートが寄せられている。

どうして、こんな状況に陥ってしまったのだろうか。

「何も考えたくないほど絶望的でした」

5月14日、Jタウンネットは投稿者の「はこ」さんに詳しい話を聞いてみた。10代男性だという彼は、現在私立の高校に通っている学生だ。

悲劇が起きたのは12日。岐阜県内の「すき家」で購入したネギたま牛丼を、自転車で持ち帰っているときだった。

彼は当時を振り返る。レジ袋に入った牛丼を自転車のハンドルにかけ、ペダルを漕ぎ始めたという。バランスを保ちながら、移動。途中、コンビニで飲み物を買うため自転車を停め...。その時、ハンドルに牛丼を掛けたままにしてしまったと話す。

「自転車に牛丼をかけたまま放置していました。帰ってきて自転車のカゴに缶ジュースを入れた後、最近ハマっているピスタチオを買おうと再びコンビニに入りました。
レジを済ませ戻ってきたら自転車が風に押され倒れていて、牛丼がこぼれていました」

カゴに牛丼を入れなかったことが、彼の最大のミスなのかもしれない。昼食として楽しみに買ったという牛丼が、風によって倒れた自転車とともに地面へ...。その姿に絶望したという。

「何も考えたくないほど絶望的でした」

コンビニで不本意にぶちまけてしまった牛丼。彼は、その場ですぐに掃除を開始。手に持っていた割り箸などを使って容器に牛肉やネギ、ご飯を戻したという。

掃除をした後、コンビニに謝罪をしたという。

「コンビニの店員には、『わざわざ大丈夫だよ笑』『1人で掃除は、頑張ったね笑』などと優しく答えてくれました」

キチンと掃除をして、なんとも偉い学生である。

ちなみに、彼は牛丼をこぼした写真をツイッターにあげた後、「今警察に絡まれてます」とツイートしている。

なにか関係性はあるのだろうか。聞くと、警察とネギたま牛丼に直接的な関わりはないそうだ(そりゃそうか)。

「自分は髪を染めていて世間からするとガラの悪い部類に入る人間なので職務質問されてしまいました。
しかもその夜に自宅で花火をする予定でライターをポケットに入れていたので、警察に『未成年喫煙をしているのではないか』と疑われてしまって30分ほど駐車場で疑いを晴らすため話していました。
とんだ災難です」

昼ごはん用の牛丼は地面に落ち、悲しい気持ちでいたところ、警察に職質され...。最悪な1日だったろう。

悲惨な様子が伝わる彼の投稿は反響を呼んでいる。投稿を見たユーザーが、すき家の優待券や割引券をくれたとも。

「世の中には優しい方がたくさんいるんだなと改めて思いました。失ったネギたま牛丼の悲しみを埋める程たくさんの方から励ましの声が止まらないのでありがたくて仕方がないです。
これからは牛丼を持ち帰る時は、気をつけようと思いますし、これからもすき家に通わせていただくつもりです」(はこさん)

牛丼を失った悲しみと同じくらい、励ましの声は大きかったようだ。

Jタウンネット

「横転」をもっと詳しく

「横転」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ