「自殺まで追い込むぞ!」 鳴り止まない岡村隆史への脅迫電話 常軌を逸した叩かれ方は終わりが来るのか

5月15日(金)8時55分 TABLO

この写真はイメージです

写真を拡大

4月23日深夜放送のラジオ『オールナイトニッポン』内で、番組のホストを務めるナインティナイン岡村隆史が女性蔑視と取れる発言をして大炎上したことは記憶に新しいところ。

翌週30日の放送でことの重大さに気づいた岡村が謝罪文を読み上げ、それを援護する形で急遽、相方の矢部浩之が登場し、やや辛辣な公開説教を行いました。そこで一旦、騒動は鎮静すると思いきや…。

「そもそも岡村は女性の貧困問題の構造を理解していない。これを機に知らしめてやろうじゃないか」と、フェミニストらがSNSで改めて声を荒げだし、ラジオとは無関係の他局出演番組の降板を求める署名運動にまで発展。

批判の根拠は当然明確で、落ち度は軽口を叩いた岡村にあることは間違いないのですが、それにしたって常軌を逸した叩かれ方と、ネットで日に日に膨らむ岡村への憎悪の連鎖は、公開処刑そのもので見ていてあまり気持ちの良いものではありません。

ナインティナインと一緒に仕事をしたことがあるテレビ局関係者は、次のように話します。

「僕の聞いてる話では、ラジオ局の方にメールや電話での抗議が相変わらず続いているものの、現場内の混乱は収まりつつあるということ。岡村さんの女性蔑視発言をする傍らでヘラヘラ笑っていたオールナイトニッポンの番組スタッフ達もかなり猛省しているようで、ノリだったとはいえ軽率だったと社内の人間に詫びを入れたそうです。それから相方を叱責するために前触れなく登場した相方・矢部くんに対しての業界内の評価は悪くないですよ。難しい立場だったと思いますが、コンビのために尽力する姿勢が垣間見れて、あれはあれで正解だったと思います」

矢部の公開説教の仕掛け人は、オールナイトニッポンのチーフプロデューサーと、岡村本人だったと言います。

「通常本番中は岡村さんの対面席に放送作家が陣取っているわけですが、番組は岡村さん一人で回してます。謝罪する当事者が番組進行するのもちょっと無理がありますから、潤滑油的な人物があの場にどうしても必要だった。岡村さんと言えば以前、メンタルをこじらせて休業していた時期がありましたよね。当時は矢部くんも相当不安だったと思うのですが、愚痴ひとつこぼさず岡村さんが戻ってくるのを気長に待ち続けました。困った時の矢部くんではないですけど、あの難しい謝罪の場を緊張感を持ちながらまとめ上げ、かつ岡村さんを上手にケアまでした彼は結果論として、称賛に値するのではないかと。見事に大役を果たし、キャスティングは大成功だったと思いますし、彼がいなければあの状況を乗り越えるのは難しかったかもしれません。岡村さん的にはまた一つ、矢部くんに借りを作ってしまいましたけどね」

たしかに矢部のサプライズ出演は効果テキメンで、至るところから立ち回りの器用さを評価され、強い印象を残すことができました。また、二人が生々しいほど本音をぶつけ合っていたことも、リスナーの心を揺さぶって「もう二度と失礼なこと言うなよ!」で一件落着となるはずでしたが…。

「鳴り止みませんね、批判の声が。今回の岡村叩きでリーダーとなって動いている女性がいらして、その方がツイッターでハッシュタグ「#岡村学べ」を作ったり、署名運動を起こしたりされてるのですが…。抗議の電話は吉本にも及んでいるそうで、社員はかなり参ってる状態。なぜこんなに大きな騒動になってしまったのか考えてみたんですけど、事務所の初動が間違っていたと言うのが1つの原因としてあると思ってます」

そう話すのは、天然素材時代からナインティナインをよく知る、お笑い系のベテラン放送作家。

「事務所は当初、騒ぎ立てるなよと言うスタンスで、抗議の電話に対しても適当にあしらっていたと聞きました。逆切れに近かったのかな。そのあたりはよくわかりませんけど、週刊誌などからの電話取材のお願いに対しても、受ける理由はないと強気だったみたいで。だけど、SNSではバッシングが日ごとに多くなってて、放送後4日が経ってから〝スポンサーの方にも苦情が入ってるようだし、ちょっとまずいぞ〟という流れになり、そこから急にバタバタと翌週の放送で謝罪することが決まった。吉本の方から問い合わせをもらってた各媒体へ連絡してコメントを出したり、ホームページに詫び状を掲載したり。問題発言のあった1週間後にようやく自社のウェブサイトで釈明というのは、さすがにちょっとどうなんでしょう。遅すぎますよね」

芸人は基本ほったらかしの放任主義で知られる吉本の初動対応の遅れが、事態を長引かせて、より悪化させてしまった。失言のあった翌日に事務所が動いていれば、ここまで大ごとにならなかったのかもしれません。

「女性蔑視は絶対ダメなこと。それは岡村さん本人も反省していると思います。でも、他局の番組にまで抗議するのってやりすぎじゃないですか?」と、憤るのは、ナインティナインに近しい関係者の女性。

「失言はしましたが、法に触れることはやってません。社会を風刺した発言ってだけだし、なぜこんな騒ぎになるまで話をひっぱっているのか、意味がわかりません。公開リンチにも程がありますよ。たしかに岡村さんは変に心をこじらせたオッサンで面倒臭い人ではありますけど、ここのところはひどく落ち込んでいて本当に見ていて気の毒。しっかり反省もしてます。だから自殺まで追い込むぞとか、番組を降板するまで追い込んでやるとか、そういう発言とかクレームの電話を入れたりするの、やめませんか。謝罪して気持ちを改めると言‍っても許されないなんて怖すぎますよ」

岡村はNHKで『チコちゃんに叱られる!』や大河ドラマ『麒麟が来る』に出演中です。新型コロナウイルスの影響で現在収録は行われていませんが、来月頭にも収録が再開する見通しだと言います。しかし、現在インターネット上では、『チコちゃんに叱られる!』の降板と謝罪を求める署名などの呼びかけが展開され、批判は収まるどころか絶賛延焼中。この騒動に終わりは来るのでしょうか。(取材・文◎那目鯛子)

TABLO

「脅迫」をもっと詳しく

「脅迫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ