梶裕貴&崎山つばさ&本郷奏多が出演! 堤幸彦演出朗読劇「百合と薔薇」

5月16日(木)18時0分 シネマカフェ

Reading Stage「百合と薔薇」

写真を拡大

堤幸彦のリーディングステージ最新作、Reading Stage「百合と薔薇」の上演決定。映画やTVドラマ、アニメ、舞台など様々なフィールドで活躍するキャストが勢揃いする。

「百合と薔薇」は、同性同士の恋をテーマに、誰しもが共感し、応援したくなるようなピュアな恋心を描いたオリジナル作品。 脚本は「乃木坂46」の舞台「じょしらく」や体内活劇「はたらく細胞」、構成作家などマルチに活躍する川尻恵太が担当する。

公演期間前半は、オール女性キャストによる“百合”公演を、後半ではオール男性キャストによる“薔薇”公演を上演。梶裕貴、高垣彩陽、寿美菜子、豊崎愛生三森すずこら人気声優をはじめ、崎山つばさ、本郷奏多、小野塚勇人(劇団EXILE)、猪野広樹ら舞台などで活躍する俳優陣、「乃木坂46」「日向坂46」「欅坂46」らアイドルなどと、各界で活躍するメンバーが鬼才・堤幸彦のリーディングステージに挑む。


また、1公演4名が出演し、1名以外(百合公演は野口かおる、薔薇公演はなだぎ武)は日替わり出演。総勢38名が出演する。


なお、本公演のチケット一般発売は5月25日(土)10時からスタートする。

Reading Stage「百合と薔薇」は6月5日(水)〜品川プリンスホテル クラブ eXにて上演。

シネマカフェ

「堤幸彦」をもっと詳しく

「堤幸彦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ