NGT48山口真帆はなぜ秋元康に感謝したのか? 擁護の理由を関係者が暴露!

5月14日(火)8時16分 tocana

画像は「getty images」より

写真を拡大

5月18日にNGT48を卒業する山口真帆が突如として、プロデューサーの秋元康氏に言及した。沈黙を続けたため批判の対象になっている秋元氏について、有料会員向けメールで「何も知らないらしいんだ」「私が傷つくようなことは一切しなくて、唯一心配してくれたと聞いてます」などと庇った。もちろん秋元氏が何も知らないわけは無く、突然の擁護には裏がある。秋元氏が息の掛かった芸能事務所に紹介したことで、移籍先が決まったからだ。


 48グループの運営会社AKSには敵意剥き出しの山口だが、秋元氏には大甘だ。「秋元さんはAKSのトップではないから逆らえないし、何も報告されなくなって、何も知らないらしいんだ。びっくりだよね。だからコメントするにもコメントできないらしくて」「秋元さんには凄く感謝しています。それなのに極悪人だと思っていたことをここでお詫び申し上げます」などと、AKSと秋元氏はまったく別というロジックで擁護に回った。


 日本中で秋元=AKBグループのトップという認識の人がほとんどだろうが、確かにAKSのトップではない。だからと言って、本当に一切のことを知らないなんてことはあるのだろうか?


「絶対にありえない。48グループのメディア統制の中心にいるのは、秋元氏の親族。当然、そこから秋元のもとに報告は入ってはいるはずだが、AKS側が秋元氏のアドバイスを逐一聞いていたとも思えない。秋元氏の評判が落ちて他グループへの影響が出ることだけは防ぐため、山口を籠絡する必要があったのでは」(ワイドショーデスク)


 そこで出したカードが、新事務所移籍へのアシストだ。山口としても芸能活動から引退するつもりはまったくなく、かと言ってこのままでは「扱いづらい」というレッテルを貼られてしまうため、秋元氏サイドからの提案は悪い話ではなかった。


「秋元の紹介で、急転して移籍先は決まったようだ。有力視されているのは、AKBの活動に深く関わっている関係者が幹部として在籍している大手事務所。山口だけではなく、一緒に卒業する菅原りこ、長谷川玲奈の2人も引き受けるのではといわれている」(芸能プロマネージャー)


 新年早々に山口の告発により勃発したNGT48の騒動だが、収束に向かっている。山口や、ほか2人が新境地で活躍する姿が待ち遠しい。


(やなぎ玉子)

tocana

「山口真帆」をもっと詳しく

「山口真帆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ