JR夏の臨時列車(2018)「サンライズ出雲」京都駅始発の列車も設定

5月18日(金)16時53分 マイナビニュース

JR西日本・JR東日本は18日、夏の期間(2018年7〜9月)に運転される臨時列車の概要を発表し、臨時寝台特急「サンライズ出雲91・92・93号」の運行スケジュールを公開した。今夏は東京駅発着の列車に加え、京都駅始発の列車も設定された。

寝台特急「サンライズ出雲」が運行される山陰エリアでは、7〜9月に山陰デスティネーションキャンペーン(山陰DC)を開催予定。臨時寝台特急「サンライズ出雲91・92・93号」もこれに合わせて運行されるという。

上り「サンライズ出雲92号」は出雲市駅15時33分発・岡山駅19時49分発・東京駅翌日6時23分着で、8月10・15・23日と9月14日(始発駅基準)に運行。下り「サンライズ出雲91号」は東京駅22時21分発・岡山駅翌日8時48分着・出雲市駅13時7分着で、8月11・16・24日(始発駅基準)に運行される。東京〜出雲市間の途中停車駅は横浜駅・大阪駅・三ノ宮駅・姫路駅・岡山駅・倉敷駅・備中高梁駅・新見駅・米子駅・安来駅・松江駅・宍道駅となる。

下り「サンライズ出雲93号」は京都駅22時14分発・出雲市駅翌日9時20分着で、9月21日(始発駅基準)に運行され、京都〜出雲市間の途中停車駅は大阪駅・三ノ宮駅・姫路駅・米子駅・安来駅・松江駅・玉造温泉駅・宍道駅とされた。これらの列車の運行を受け、JR西日本米子支社は「山陰へのご旅行や、東京方面へのお出かけの際は、ゆったりくつろげる臨時寝台特急『サンライズ出雲』を是非ご利用下さい」と発表している。

なお、JR四国は定期列車の寝台特急「サンライズ瀬戸」(東京〜岡山間で「サンライズ出雲」と併結運転)に関して、金曜日および休前日に東京駅を発車する下り列車の琴平駅への延長運転を行うと発表している。下り列車が高松駅に到着した後、7時54分に同駅を発車。多度津駅・善通寺駅に停車し、琴平駅には8時52分に到着する。

マイナビニュース

「サンライズ」をもっと詳しく

「サンライズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ