BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

“肝臓のない”サメの死骸が次々打ち上げられる! 宇宙人かUMAか、理学博士が真犯人に迫る!=南アフリカ

tocana5月18日(木)7時30分
画像:ホホジロザメ 画像は「Wikipedia」より引用
写真を拡大
ホホジロザメ 画像は「Wikipedia」より引用

 南アフリカで現在、奇妙なホホジロザメの死骸が次々と発見されている。浜に打ち上げられたサメたちの死体からは、肝臓だけがキレイになくなっていたのだ。まるでキャトルミューティレーション(詳細は後述)を思わせる事態だが、現地では意外な犯人が挙がっているという。英紙「Daily Mail」が5月11日に報じている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13186.html】


■ホホジロザメの異様すぎる死体

 奇妙なホホジロザメの死骸が打ち上げられたのは、南アフリカ共和国・ケープタウンの南東にある小さな港町ガンスバーイだ。この町の近海は、ホホジロザメをはじめとして、非常に多くの生物を見ることができる絶好のダイビングスポットだ。かの名作映画『ジョーズ』のごとく、海中に沈めた檻の中から間近でホホジロザメを観察できる「シャーク・ケージ・ダイビング」は観光の目玉の一つである。

 今月3日から4日間のうちに、浜に打ち上げられたホホジロザメの死骸は全部で3体。しかも、その胸のあたりが一様に大きく切り裂かれており、研究者らによる剖検の結果、肝臓がすっかりなくなり、うち1匹は心臓さえ失っていることが判明した。現地では、その異様な死にざまに衝撃が広がっている。

 これは南米などで、UFOが牛をはじめとする家畜を拉致し、血と内臓を抜き取って殺すという「キャトルミューティレーション」事件を思い起こさせる異常事態である。では、ホホジロザメを殺した猟奇的な犯人とは、一体何者なのだろうか? まだ見ぬUMAか、はたまた宇宙人の仕業なのか? しかし、現地ではこの謎多き事件の真犯人として、とある生物の名が挙がっているという。


■シャークミューティレーションの意外な犯人

 今回ホホジロザメたちを襲ったとみられている動物、それはシャチだ。シャチは英語でkiller whale(殺し屋クジラ)と呼ばれ、西欧では大昔から“海の魔物”としても恐れられている。

「成体のシャチはホホジロザメより体格も大きく、丈夫な体つきをしています。シャチが体当たりしてきたら、ホホジロザメはひとたまりもありません」

 そう話すのは、生物学に詳しい理学博士X氏だ。シャチは魚やアザラシ、時にはクジラをも襲って捕食する、海の生態系の頂点に立つ生物のひとつだとX氏は解説する。

 実は、シャチがサメを襲う事例はすでに報告されているという。2016年には米国・カリフォルニアの沖で、シャチのグループが小型のサメを襲っている様子がドローンで撮影されている。また、アメリカやオーストラリアなどでは、シャチがホホジロザメを捕食している様子も観察されている。


■ホホジロザメの「味」を知った!? シャチたち

 だが、これまで南アフリカ近海のシャチたちがサメを捕食するという報告はなかった。どうしてシャチたちは、突然ホホジロザメの肝臓に興味を示し出したのだろうか。

「この近海に生息するシャチたちが、ホホジロザメの効率的な狩り方と肝臓の美味しさを知ってしまったのではないでしょうか」(X氏)

 サメの肝臓というと、我が国でも健康食品として大変人気がある「鮫肝油」が取れることで知られている。サメの肝臓は非常に大きく、脂質に富んでいるため、常温で置いておくだけで大量の油が溶け出してくる。肝油中に含まれる脂質の一種「スクアレン」もサプリメントや化粧品の成分としてよく見かける物質である。

「成体のホホジロザメの肝臓は非常に大きいので、さぞ食べごたえがあると思います。それに栄養豊富ですから、シャチにとってはごちそうでしょう。群れの中でホホジロザメ狩りが流行しているのかもしれません」(X氏)

 南アフリカ近海のシャチたちは、ホホジロザメの肝臓をごちそうと認識してしまったのだろうか。シャチの襲撃を恐れてか、ホホジロザメたちは事件のあった海域から姿を消しているという。ホホジロザメは観光の目玉であるため、現地の人々はシャークミューティレーションの影響に頭を悩ませているそうだ。
(吉井いつき)


※画像は、ホホジロザメ 「Wikipedia」より引用

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「アフリカ」をもっと詳しく

注目ニュース
「Nintendo Switch」抽選販売で連番の抜けた番号が当選し「絶対抜かれてる」 ビックカメラは不手際と謝罪 BIGLOBEニュース編集部7月21日(金)19時9分
ビックカメラ水戸駅店が実施した「NintendoSwitchスプラトゥーン2セット」の抽選販売に不正があったのではないかとの指摘が、Twi…[ 記事全文 ]
南半球海域にマンボウ新種 日豪研究チームが確認 共同通信 47NEWS7月22日(土)5時42分
オーストラリアやニュージーランド近海など南半球の温帯海域に、新種のマンボウが生息するとの研究成果を日本やオーストラリアなどの研究チームがま…[ 記事全文 ]
三菱東京UFJ銀行ATMが「心乱される」と不評! 「3口同時に出る」「ブザーが犯罪犯した警報みたいな音」 ガジェット通信7月21日(金)20時0分
3大メガバンクの一角である三菱東京UFJ銀行。全国に約8000台のATMが設置されていますが、『Twitter』でこのATMが「心乱される…[ 記事全文 ]
『スプラトゥーン2』同梱版のNintendo Switchを買ったぞ! 開けてみた ガジェット通信7月21日(金)17時45分
2017年7月21日発売の『スプラトゥーン2』。『スプラトゥーン2』発売でSwitch本体の駆け込み需要が加速!ビックカメラAKIBAの抽…[ 記事全文 ]
「二人をずっとつなぐ“協力”接着剤」 結婚祝い用セメダイン「メデタイン」が本当に商品化 BIGLOBEニュース編集部7月21日(金)15時19分
セメダインは、強力接着剤「セメダイン」を結婚祝い用ギフトに仕立てた「メデタイン」の販売を21日に開始した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 「Nintendo Switch」抽選販売で連番の抜けた番号が当選し「絶対抜かれてる」 ビックカメラは不手際と謝罪BIGLOBEニュース編集部7月21日(金)19時9分
2 三菱東京UFJ銀行ATMが「心乱される」と不評! 「3口同時に出る」「ブザーが犯罪犯した警報みたいな音」ガジェット通信7月21日(金)20時0分
3 不妊治療20年続け60歳で出産、夫は妻子捨て逃げるナリナリドットコム7月22日(土)13時2分
4 『スプラトゥーン2』同梱版のNintendo Switchを買ったぞ! 開けてみたガジェット通信7月21日(金)17時45分
5 年金繰下げ受給、何歳から受け取るのが得?All About7月10日(月)21時35分
6 「二人をずっとつなぐ“協力”接着剤」 結婚祝い用セメダイン「メデタイン」が本当に商品化BIGLOBEニュース編集部7月21日(金)15時19分
7 料理レシピ動画が「豚バラ」と「チーズ」を使いまくる理由NEWSポストセブン7月22日(土)7時0分
8 赤ちゃんが欲しいと思ったら…医師が教える「妊娠前にすべきこと」4つWooRis7月11日(火)11時45分
9 まるでバスクリンを入れたかのようなターコイズブルーの川。その正体は錯視だった(コスタリカ)カラパイア7月19日(水)22時30分
10 南半球海域にマンボウ新種 日豪研究チームが確認共同通信 47NEWS7月22日(土)5時42分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア