Tumblerがエロ禁止で崩壊寸前 ついにPornhubへ身売りへ……難民救出となるか?

5月19日(日)18時0分 おたぽる

Tumblerより

写真を拡大

 最初から、こうなるとわかってたじゃないか。昨年、エロコンテンツを全面的に禁止したミニブログ・Tumblerのアクセス数が激減し、売却が検討されるまでになっている。しかも、購入に強い興味を示しているのが世界的なポルノ共有サイトPornhubという笑えない話になっているのだ。


 Tumblerは長らくエロ画像の宝庫として知られてきたサービスであった。単にネットで見つけたお宝画像を共有するだけではない。マニアックな趣好の人にとってはTumblerが情報を交換するためのよりどころになっていた。


 とりわけ、海外のほうがユーザーが熱いケモナーとかSissyジャンルではそうだった。


 Sissyというのは、いわゆる「男の雌堕ち」というヤツである。主に英語圏では、写真を加工してキャプションを添付し「男の雌堕ち」を演出するという文化があるのだが、そうした趣味人のよりどころになっていたのがTumblerだったのである。


 だが、昨年12月に突如Tumblerがエロ禁止を告知したことでユーザーは右往左往。さまざまな代替サービスとなるサイトの情報が交換されたものの、移行はスムーズにはいかなかった。


 というのも、どこのサイトもTumblerに比べると極めて使い勝手が悪かったりしたからである。Tumblerのエロ禁止以来、世界のマニアックなエロ愛好家は難民と化しているといっても言い過ぎではない。


 実際、エロ禁止はなにを馬鹿なことを……と、大半のユーザーが思ったはず。実際、その通りにアクセス数は激減してしまったのだ。現在、一部の英語圏のニュースサイトが報じているに過ぎないがTumblerをPornhubが購入する可能性は極めて高そう。


 今や世界でも指折りのポルノ動画共有サイトとなっているPornhubのものとなれば、再び

Tumblerは楽園となるはず。全世界の人々がPornhubに熱い視線を送っているのではなかろうか。

(文=昼間 たかし) 

おたぽる

「難民」をもっと詳しく

「難民」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ