50代でモデルデビューを機に美容に開眼!お金をかけずに-15kg「アラ還からやめたこと、始めたこと」

2024年5月19日(日)6時0分 週刊女性PRIME

三刀流マリリンさん

写真を拡大



肌のお手入れに余念なく、SNSで最新の美容情報をキャッチし、「ホントにシニア世代?」と目を疑うほどの若々しさをキープする三刀流マリリンさん。「お金よりも手間をかけること」「健康という土台こそ大事」と語る美熟女に、日々のケア法を聞いた。

 普段はグラフィック&Webデザイナー、週末などを利用してミセスモデルやビューティーアドバイザーとして“三足のわらじ”を履いて活躍する三刀流マリリンさん。

50代モデルデビューを機に美容のおもしろさに開眼

「50歳のときに友人とレストランで食事をしていたら、モデルにスカウトされたんです。はじめは冗談か、詐欺なんじゃないかと(笑)」(三刀流マリリンさん、以下同)

 スカウトされたことをきっかけに本格的なダイエットに取り組んだ。「気持ちと身体が変化する、いいタイミングだった」と語る。

「産後、どんどん体重が増え、閉経後はさらに……。これではいけないと思っていたので、一念発起できたんです。お金をかけずにできるウォーキングを始めてまずは1か月続け、次は2か月、と小さい目標を立てて1年続けた結果、15kg痩せました」

 今も雨の日以外は朝起きたら4〜5kmを30〜40分かけて歩くのが習慣だ。そのあとの朝食には豆腐や納豆、キムチ、雑穀米を混ぜたご飯など、身体に良いものをセレクトしている。

「私は食べることが大好き。制限するとストレスになるのでその分、動くようにしています。体力や筋力をつけるためには『ながら運動』が効率的。3階までは絶対に階段を使うこと、毎日ひと駅分は歩くといったルールを自分で決めると、ゲーム感覚で続けられます」

 若いころから続けているのが、1時間以上の入浴。

「半身浴しながら本を読んだり、音楽を聴いたり。素の自分になれる大切な時間なので、お気に入りの入浴剤を入れて楽しんでいます。中国由来の美容器具『カッサ』を使った湯船でのマッサージもずっと続けていることのひとつ。旅先にも持っていきます」

 60代になり、メイクののりや化粧水の浸透が悪くなってきたことを実感したそう。

「ビューティーアドバイザーの知識を活用し、より肌に負担がかからない化粧品を厳選するように。

 少し太ったこともあり、お酒は糖質オフのためにビールからハイボール、つまみは大好きなポテトチップスから枝豆やササミに替えたら、体重も落ち始め、むくみもスッキリ。食は大事だとあらためて実感しました」



アラ還からやめたこと

◆夜更かしは卒業

 睡眠の良しあしで体調が変わることに気づき、23時には就寝するように。「若いころは仕事で夜〜朝まで作業が当たり前でしたが、今は、6〜7時間は睡眠をとっています」

アラ還から始めたこと

◆化粧品の成分表示チェック

 ビューティーアドバイザーになってからは“自分が必要としている美容成分”が入った化粧品を使っている。「今はレチノールやナイアシンアミド入りの化粧品に注目しています」



【糖質オフを意識してビールをセーブ】

「飲むことも好きですが、この1年で太ると戻りにくくなると感じ、少しでも糖質オフビールをハイボールにするように」



【3日に1回はシートパック】

ミセスモデルを始めてからは3日に1回はシートパックを。肌質や肌悩み、その日の気分に合わせて選べるように数種類をストックしている



【スキンケアはナチュラルなものを】

毎日使うものだから肌に負担がないものを。「気になったものは成分表示を見て、テスターでチェックしてから購入します」



【シルクのヘアキャップで髪しっとり】

寝ているときの摩擦でキューティクルが傷むと聞き、ヘアキャップを愛用。「朝、起きたときの髪のまとまり感が違うので、もう手放せません!」

三刀流マリリンさん●グラフィック&Webデザイナー。50歳を過ぎてからスカウトされミセスモデルに。60歳を過ぎてから学び、ビューティーアドバイザーとして企業に赴くほか、インフルエンサーとしても活躍中。@maririn_1213


取材・文/鈴木晶子

週刊女性PRIME

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

「モデル」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ