チャットボット「轟雷ゼロ」をLINEで公開 感情を理解する過程を体験

5月20日(月)8時20分 OVO[オーヴォ]



 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント(東京都港区)と、プラモデルやフィギュア制作を手掛ける壽屋(東京都立川市)は、共同プロジェクト「ファクトリーアドバンス・ゼロ」で、第1弾としてLINEでチャットボット「轟雷(ゴウライ)ゼロ」を公開した。ユーザーはLINEで轟雷ゼロとの会話が楽しめる。

 轟雷ゼロは、応答を自動で行う「チャットボット」と呼ばれるシステムで、壽屋原作のアニメ「フレームアームズ・ガール」の世界観を再現する。アニメの登場キャラクター「轟雷」が主人公との生活を通じて感情を理解したように、「轟雷ゼロ」は“研究員”として選ばれたユーザーとのチャットを通じて感情を理解する。今年4月16〜23日に100人の研究員を5000円の有償で募集したところ、約1700人から応募があったという。人工知能(AI)対話エンジン「gooのAI」をベースとした轟雷ゼロは、研究員とのチャットを通じて感情を理解していく。一般ユーザーは、LINEを通じて、感情を理解していく過程を体験できる。一般ユーザーとチャットボットとの対話ログは研究員にフィードバックし、轟雷ゼロの感情理解の方針決定に活用する、としている。



・LINE公式アカウント友達追加URL:https://line.me/R/ti/p/%40smx3858j

・ファクトリーアドバンス・ゼロ:https://botmaker.goo.ne.jp/fad-zero/

・アニメ「フレームアームズ・ガール」:http://fagirl.com/

OVO[オーヴォ]

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ