BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

男性医師が「持て余すほど爆発した」かかとテープの凄い効果

NEWSポストセブン5月20日(土)16時0分
画像:かかとの骨の傾きを矯正することで下半身が鍛えられる
写真を拡大
かかとの骨の傾きを矯正することで下半身が鍛えられる

 40年以上の歴史を持つ健康雑誌『壮快』が「セックスで健康になる」という理念で2014年5月に立ち上げたのが『壮快Z』。その第6号が5月15日に発刊された。同号には、健康雑誌で培ってきたノウハウを活かし、簡単かつ効果的な性力アップ術も掲載されている。


 考案した医師自らが「持て余すほど性力が爆発した」と太鼓判を押すのが「かかとテープ」だ。左右のかかとに、伸縮性のあるキネシオテープ(テーピング)を貼る、ごく簡単な方法だ。そのやり方は、


(1)かかとのやや上方から足の裏にかけ引っ張りながら2本平行にテープを貼る。

(2)1のテープの上端と下端を留めるように貼る。1と2を繰り返して二重にする。


 というもの。考案者の加圧治療院院長・蘆原紀昭氏が解説する。


「高齢者は加齢によってかかとの骨が傾き、足や腰の関節も硬くなって、上手く歩くことができない人が多いのですが、下半身の筋力が衰えると、股間周辺の血流が悪くなり性力も減退してしまう。そこでテープを貼り、かかとの骨の傾きを矯正するのです。


 テープが補助具のような役割を担い、足が軽快に上がるようになります。歩く時に一歩一歩の蹴りが強くなり、下半身が鍛えられる。かかとは性力アップを考える上で重要な部位なのです」


 20分のウォーキングを1日2回、1か月継続すれば効果が実感できるという。


※週刊ポスト2017年5月26日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「医師」をもっと詳しく

注目ニュース
飲んでもムダな薬リスト #1 文春オンライン5月27日(土)11時0分
風邪を引いたら抗生物質、年に一度は健康診断を受けるべき——このような医療の常識が、近年見直されつつある。[ 記事全文 ]
口と足縛られ捨てられたわんこ ナリナリドットコム5月27日(土)10時39分
口をダクトテープでぐるぐる巻きにされ、足はプラスチックのチューブで縛られたまま放置されていたわんこ。発見された時には死にかけていたという。[ 記事全文 ]
プールにサンショウウオ100匹 絶滅危惧種、佐賀県の小学校で 共同通信 47NEWS5月26日(金)16時33分
佐賀県唐津市の市立名護屋小のプールで、絶滅危惧種の両生類カスミサンショウウオ約100匹が見つかった。[ 記事全文 ]
なかなか使えるぞ!個人賠償責任保険 All About5月26日(金)23時0分
事故やトラブルを起こして損害賠償をすることになったら…?日常生活の中で他人(いわゆる第三者)に対してケガをさせたり、人のモノを壊してしまっ…[ 記事全文 ]
夫や彼氏がいても「ベッドインしちゃう…」罪な男の条件TOP10 週刊女性PRIME5月12日(金)16時30分
大恋愛をした相手や片思いしていた相手が上位にランクイン。思い出は美化されるからかもしれませんね普段感じていること、あるいは口には出せないホ…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア