わたしの彼は、結婚する気があるんだろうか。その見極め方

5月21日(月)21時0分 ハウコレ



こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。今回は男に結婚する意志があるかどうか?の見極め方。そのポイントは、あなたからの質問に対する彼の答えにあります。僕が提唱している恋愛リスクマネージメントの観点からも、先のない恋愛に無駄な時間を費やさないためにも、参考になるといいなと思います。


■1.男が結婚の話を出してもいい彼女の条件

僕が思う、男が結婚の話を出すべき彼女の条件、というのがあります。それは、「彼女の年齢が24歳以上で交際期間4年以上」もしくは「交際期間は関係なく彼女の年齢が29歳以上」。前者はつきあって3年の壁がなかなか越えられないと周りから聞きますが、確かにそのジンクスはあると思います。


だから4年以上も交際してるということは色々試練を乗り越えた証拠=結婚する価値があるということ。後者は、もし子供が欲しいと思う女性なら焦りだす年齢だからです。交際期間関係なく、つきあう時点で「結婚前提で」くらい男から言ってほしいですね。


■2.結婚願望

一番ベーシックな質問「結婚願望ある?」。この質問は言わば「結婚する気ある?」のオブラート系。この質問に対して、「あるっちゃある、ないっちゃない」や「今はないけど、この先はわからない」こんな曖昧な答えを出す男はそもそも彼女と結婚する意志はありません。結婚の意志がある男なら、「ある」と言ったうえで自分の思い描く理想像を彼女の前で語ってくれるものです。答えが曖昧な男は絶対ダメ。


はっきり「ない」と言わなくとも、明確にあるとと言わない以上、それは「無いって言ったら責められたり別れたいとか言われそうだしな・・・」という思いもあって、とりあえずそう答えているだけなのです。彼女との未来を描けていないんです。


■3.あなたの両親

なかなか男から「君の親に会わせて」とは言えないものです。ほとんどが彼女のほうから、「親に会って欲しいんだけど。」と言うパターンが多いのかなと。ここも唐突感を出さないように、二人で旅行に行くことを理由に親にあって欲しいと言ったり、自然に親に会わせる理由を色々と考えてみるといいですね。結婚する気のある男なら、自分から「自宅に伺おうか」や「一緒に食事しようか」と自から積極的に提案してくれます。


そもそも結婚する気がない男なら、「まだ具体的に結婚の話も出てないのに逆に会って大丈夫?」のようになるべく色んな理由をつけて会いたがらないか、なるべく短い時間で会おうと考えるはずです。それだけ親に会うということは、男にとって、結婚と直結するものなのです。


■4.リミット

あまり女子から言いたくないフレーズですね。あまりに彼から「結婚しよう」という言葉が出てこないときは、最後は彼女から言うしかありません。ここまで言わせておいて、「そんな焦らないで」や「仕事が落ち着いたら」なんて時間を引き延ばすような発言をする男は結婚する気などそもそもありません。


だからとっとと別れるべきです。一番ひどいのは、「結婚が全てじゃないでしょ」や、「結婚という制度自体に疑問を感じる」なんて開きなおって言う奴。結婚する気ある男なら、「ごめん、そんなこと言わせてしまって。○○までにしよう。」と、せめてそんな遠くない期限を設定できる男は結婚する気ある男でしょう。


■おわりに 

「結婚しよう」は、やっぱり男から言うのがセオリーです。女子から言って、ようやく重たい腰があがるような男なら、結婚してから彼女を守れるか心配。誠意ある男なら彼女が結婚について不安を感じていることをすぐに察知して、先回りして彼女の不安を取り除くらいの行動力を見せて欲しいものです。


そんな男はこの世の中にどれくらい、いるんだろうと思いますが、探せばまだまだいるはずです。コラムを読んでくれる皆さんには、ぜひ場数を踏んでそんな男を探し当ててほしいですね。(TETUYA/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ