スカイツリー 「前売りより当日券が安い」と下町美女明かす

5月21日(月)7時0分 NEWSポストセブン

スカイツリートリビアを紹介する相澤胡羽さん

写真を拡大

「展望台」があるのは「天望デッキ」「天望回廊」という東京スカイツリーだが、地元で人力車の車夫や屋形船の乗り子として働く“下町美女”だから知っているトリビアも多い。


 松風(人力車)の相澤胡羽(こはね)さん(27)は、「前売りよりも当日券のほうが500円おトクなんですよ」と教えてくれた。


「天望デッキ(第一展望台)の入場券は7月11日分から通常販売が始まり、当日券が毎日1万枚売り出されます。前売りチケットは日時指定ができますが、当日券は時間指定ができませんので、並ぶことも考えられます。そのぶん前売りよりも500円も安くなっているんです」


 当日券の値段は、大人(18歳以上)が2000円、中人(12〜17歳)が1500円、小人(6〜11歳)が900円、幼児(4〜5歳)が600円。一方、前売り券の値段は上記の各区分に500円加算した金額となる。


撮影■ヤナガワゴーッ!


※週刊ポスト2012年6月1日号

NEWSポストセブン

「スカイツリー」をもっと詳しく

「スカイツリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ