ついつい彼氏に見栄を張ってしまう瞬間

5月21日(火)17時30分 yummy!

大好きな彼氏といるときでも、ついつい見栄を張ってしまうことってありませんか?
等身大の自分を愛してもらいたいと思うのに、気づいたら大きなことを言っている……どうして見栄を張ってしまうのか、女子たちに聞いてきました!

彼に見栄を張ってしまうのは、女心から


「なんでこんなことで……」と後悔してしまうくらい小さいことでも、なぜかそのときはムキになって見栄を張ってしまうんですよね。
ここではそんな「彼女たちの小さな見栄を張る瞬間」を集めてみました。
それにしても、そもそもどうして彼氏に見栄を張ってしまうんでしょうか? 
多かった答えは、彼に「女らしくない」と思われたくない、というものでした。
「料理なんて作ったことないのに、できる、と言ってしまった」
「今は面倒くさくてしていないけれど昔は編み物が趣味だった、というよくわからないウソをついてしまった」
……など、女子力が高いと思われるような見栄を張ってしまうことがよくあるみたいです。
この他にも
「本当は超絶汚いのに、部屋の掃除は毎日していると言ってしまった」
「会社にお弁当を作って持って行っていると威張ってしまった」
などの見栄がありました。やっぱり、好きな男性には女性らしく思われたいものですよね。

対抗心から彼に見栄を張ってしまうことも……


また、そう言ってしまう気持ちの奥底には「ほかの女の子に負けていると思われたくない」という、かわいい女心がありました。
「料理できる? って聞かれたとき、元カノと比べられているのかなって思って、つい、得意って言ってしまった」
「やっぱり女の子って綺麗好きなんだよねって聞かれたら、そうだとしか言えない」
などなど。
どうやら、質問する彼氏の脳内にはあらかじめ立派な女性像があるようで、彼女たちはそれを敏感に察知しているようなのです。
違うと答えたら、がっかりされるかもしれない。元カノはできたのに、自分はできないんだと思われてしまうのは悔しい。
彼に対して張ってしまう見栄からは、そんな切ない女心が浮き彫りになりました。

彼氏より優位に立ちたいから見栄を張ってしまう


その一方、できないことをできないと言えない理由に「彼氏に対して優位に立ちたい」というものもありました。
「女の子なのに料理もできないの? って言われたら、なんだかこのあともずっと馬鹿にされそうで、ついついできる! って言ってしまった」
ほかの女の子への対抗心で見栄を張ることもありますが、彼氏に対して負けたくない、下に見られたくない、という気持ちで見栄を張ることもあるんですね。

おわりに


ありのままを出せたら見栄を張る必要がないのは、彼女たちも十分わかっています。それでもついつい自分を大きく言ってしまうのは、そうでもしないとがっかりされそうだから。
付き合いが長くなって、信頼関係が育ってきたら「じつは料理苦手なんだ」と笑って言えるかもしれませんね。
その前に、見栄を張って言ってしまったことを実際にできるようになれたら、女子力アップで彼を魅了できるかもしれませんよ!
(yummy!編集部)

公開日:2016年2月17日
更新日:2019年5月21日


yummy!

トピックス

BIGLOBE
トップへ