尾木ママ「日大は本当に教育機関なのでしょうか」 アメフト部巡る対応に怒り「同じ大学人として考えられません」

5月23日(水)11時49分 キャリコネニュース

教育評論家の尾木直樹さんが、日本大学に激怒した。日大と関西学院大学のアメフトの定期戦で、日大の選手が危険なタックルをした件で、渦中の日大の選手が5月22日、会見を開いた。尾木さん23日、会見についてブログで言及。

「加害学生の単独記者会見、大学部活の事件にも関わらず、体育局、学生部、教員や職員が誰一人として同席しない。しかも、会見会場が外の日本記者クラブ」
「まるで大学は例え問題を起こした学生だとしても、100パーセント切り捨てているのと同じではないでしょうか?」

と、大学側の対応を問題視した。

「野蛮な勝利至上主義の人たちの集まりに堕落しているのではないのか」


画像は尾木さんのブログより

日大広報部が発表したコメントについても「『学生と監督の指示には言葉の乖離』があった的なコメント発表時点では加害選手に聴き取りも行なっていなかったといいますから学生の人権尊重の気持ちもないのではないでしょうか」と批判。その上で、

「内田監督や井上コーチだけでなく、高校時代の監督さん?の現コーチも含めて、教育に関わる、いや、スポーツに関わる資格はないのかもしれません」
「野蛮な勝利至上主義の人たちの集まりに堕落しているのではないのか、心配になります」

と痛烈に批判した。

また、学生が学外の会場で単独で会見を行ったことについては、

「アメフト部だけでなく学生部や体育局、相談室まで指導・援助の手を差し伸べないなんて同じ大学人として【考えられません】!!」

と、述べている。

日大は、学生の会見を受け5月22日夜に大学側の声明を発表。監督から選手に「QBを潰せ」と指示があったことは認めたが、

「本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」

と説明している。


キャリコネニュース

「教育」をもっと詳しく

「教育」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ