嘘マジほんと?双頭のコイの動画が公開されていた件

5月24日(木)22時30分 カラパイア

00

 生物学者からこの怪物の正体について解説してもらうことはできた。だが、この悪夢を癒す手立てはない。

 アメリカの掲示板サイト「reddit」に投稿された動画を観れば、誰でもうかつに視聴したことを後悔するはずだ。そこには頭が二つある魚が、口をパクパクさせる様子が映し出されている。
 

2 HEADED FISH

 その反応はというと、「今まで見た中で一番不安になった」や「『遊星からの物体X』を思い出した」といった怨嗟の声が寄せられた。

 だが同時に、彼らはその正体を知りたがっていた。一体何が原因なのか?


【生物学者によるとこれは鯉(コイ)】

 生物学者の解説によると、この魚はコイであるという。具体的にはコクレンかハクレンとのこと。普通の状況なら以下の写真のような姿となる。

6_e


【どうしてこうなった?】

 だが、今回公開された動画は普通の状況ではない。この暗く無情な世界において、魚はこのような異形の姿となった。

1_e0

 このコイの身に何が起きたのか。

 判明した事実は、コイは実際には頭部が二つあるわけではなく、極端な奇形のせいでそう見えているだけというものだ。だが、その原因が外傷によるものなのか、遺伝的な突然変異であるのかどうかまでは不明だ。
 
 以下の画像を見ると、上部にある目のようなものは実は鼻孔であり、本当の目は随分低いところにある。

2_e


 また下側に開いた口らしきものは、ただの穴で鰓弓が下あごにきちんと繋がっていないことが原因だ。

4_e0

 穴はおそらくは怪我によるものだろう。鰓弓が下あごから外れているおかげで、肉が見えてしまっている。もしかしたら釣り針のようなもので引き裂かれたのかもしれない。


【このコイの行方はどうなった?】

 なお動画の投稿主は、このコイを放したのかどうか明らかにしていない。よって、すでに焼かれて、誰かの胃袋の中という可能性だってある。

 だが仮に水の中に放されたのだとしたら、しばらく生存する可能性はかなりある。まだ稚魚であるならば、こうした異形ゆえに捕食者の標的となってしまうかもしれない。

 しかし、ここまで大きく成長していればその心配はない。アメリカの自然環境には、このコイを食べる捕食者はそれほど多くないのだ。

 また怪我のせいで最終的な寿命が短くなっている可能性があるものの、こうしたコイを飼育したことがある人物によれば、かなり長く生きるそうだ。

 だが残念なことに、ぽっかりと開いた穴で普段より多く餌を食べることはできない。コイは濾過摂食動物で、鰓耙を通過する水に含まれる餌を濾し取って食べる。本物の鰓耙(さいは)は上の口にしかついておらず、実のところ、穴からはせっかくの捕えた餌が漏れ出してしまうかもしれない。

 その余生は理想的なものではないだろうが、少なくとも真に特別なクリーチャーで、魚好きの界隈では語り草となるはずだ。

References:reddit / inverse/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「学者」をもっと詳しく

「学者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ