脈ありのはずが連絡なし!? 男が心変わりする瞬間

5月25日(金)21時15分 All About

男性からデートに誘われ、きっと脈ありだったはずなのに、わずか数回会っただけで急にそっけなくなったり、連絡取れなくなったり……なんて苦い経験はありませんか?

写真を拡大

「いい感じだったのに……私の何がいけなかったの?」

男性から誘われて数回デートに行って、話も盛り上がったし、これは脈ありかな、もしかして久々に彼氏ができるかも……なんて思っていたのに、出会って1カ月もしないうちに彼からのお誘いの連絡がまったく来なくなり、こちらから連絡してもそっけない返事、または、返事すらこなくなった……そんな苦い経験をお持ちではないですか?

正式に付き合ってはいないけれど、2人だけで何回かデートする関係だったわけですから、きっと嫌いではなかったはず。それなのに、理由もわからずに連絡が取れなくなれば、モヤモヤした気持ちだけが残り、自信も失ってしまい、次の恋愛にも前向きに進めないものです。

すごく好きになった人にバッサリ振られればもちろんショックですが、「これから好きになれたら……」と思った矢先に振られるのもこれまたショックなもの。自分を否定されたように感じて「私の何がいけなかったの?」と叫びたくなってしまうでしょう。

脈ありっぽいアプローチをしてきたのに、わずか数回のデートで心変わり——そんなときの男性心理や理由とは一体どんなものなのでしょうか? 一緒に考えていきましょう。

脈ありだった彼があなたに見切りをつける理由

■1:好きだという意思が感じられない時
まず考えられるのは、相手女性であるあなたから「好き」という意思が感じられず、テンションが下がり、そのまま気持ちもフェードアウトしてしまったというケースです。

男性だって、いきなりMAXの気持ちでひと目惚れするとは限りません。あなたと同じように「これからもっと好きになれたらいいな」という気持ちでアプローチしてみた場合、何度打っても響かない「脈なしのリアクション」が続けば、気持ちが萎えてしまいます。特に、いつも恋愛に対して受け身の女性は注意が必要です。実際、フェードアウトされた経験が多い女性はそういったタイプが少なくないかも知れません。

「積極的になれない」「恋愛は苦手だから」と何も行動を起こさずに、彼からの連絡だけを待つだけになっていては、気付けば周りに誰もいない……ということになりかねません。勇気を出してアプロ—チしているのは男性も同じです。良い関係を築くためには他力本願でなく自分でもアクションを起こすこと。また、せめて好きという感情や嬉しい表情をハッキリと表に出すことから始めてみましょう。

■2:盛り上がらずに楽しさを感じない時
または、デートに何回か誘ってはみたけれど、まったく盛り上がらなければ、きっと彼の方はこの子とは合わないなと感じてしまうでしょう。

この場合、最初は顔がタイプというだけでデートに誘ってきたケースがあるかもしれません。いくら見た目がタイプであっても、やっぱり付き合っていく上では、フィーリングやノリが合うかどうかは大事です。

「デート中の会話は盛り上がったはず……」と思った場合、話しているのはあなただけ、もしくは、一人で盛り上がって「一緒にいると疲れる」と思われているかもしれません。たった数回のデートでそんな風に感じられてしまえば、パートナーにしたいと思わず、もう追いかけてきてはくれないでしょう。

■3: 別の本命女性が現れた時
最近はマッチングアプリなどネットを利用した出会いを求める人は、男女ともに多いと思います。恋活・婚活などの場合、これから好きになる本命の相手を求める活動なので、「好きになれそう」な複数の相手に同時にアプローチするのは、もはや当たり前でしょう。

何回かデートした後に、もし男性がこの人だと思うような女性に巡り合えば、当然そちらを追いかけるでしょう。その相手に本気であればあるほど、他の女性への連絡やデートの誘いはやめるはずです。

つまり、はっきり言えば、あなたとデートしている期間に、同時進行で別の女性とデートしたり連絡を取り合っていたりと、あなたの知らないところでいろいろなことが起こっているかもしれません。「サイテー!」と思うかもしれませんが、それはお門違いで、お互い様です。

なぜなら、あなたと彼は、あくまでもデート期間中。お互いにお試し期間なので、まだ正式に付き合っていないのですから、わざわざ「別れよう」と言う必要もなく、ニーズにミスマッチが起こることは仕方ないと言えます。

■4:好きかどうか試された、優先順位が低いと感じた時
次に、男性によくある心理からお伝えすると、好きな女性に気持ちを「試されている」と感じると一瞬にして冷めることがあります。

例えば、まだ付き合っていなくても、アクションを起こすのは男性である場合が多いので、まるで「追いかけている立場」のようになりがちです。始めのデートの際は特に、自分からエスコートしようと、お店を予約したり、家まで送ったりと喜んで尽くしてくれるかもしれません。

でも、男性にそこまでの恋愛感情がなく、まだ信頼関係が築けていない状態なのに、ついつい甘えすぎたり、相手を試すようなお願いをしてしまった場合、「あれ、単に便利に利用されてない?」なんて思われれば、きっとプライドが傷つき気持ちは冷めてしまいます。

例えば、明日も仕事だと知っていながら深夜に「今すぐ会いたい、家まで迎えに来て!」なんて言ってみたり、ほかの男性の話題を出して彼の反応を探ってみたり、先にデートを約束していたにも関わらずほかの用事が入ったと急にドタキャンしたりしていませんか?

こういった「試し行動」は、女性の場合は「あなたの愛情を試している、あなただから甘えている」という気持ちですが、男性の場合は「何かと比較されている、自分が一番だと思われてない」と感じられてしまうので気をつけましょう。

■5:奢られるのが当たり前な態度をされた時
もし男性が一方的にあなたにひと目惚れして、積極的に追いかけてきている場合、より自分を大きく見せるために素敵な食事を奢ったり、プレゼントをくれたりするでしょう。女性の方は、経済力も魅力や愛情のひとつとして、それをジャッジするでしょう。

でも、対等に始まった恋愛の場合、男性だって女性の金銭感覚をチェックしています。むしろ、真剣な出会いであればあるほど、デート中の行動から、お互いの金銭感覚をチェックするもの。結婚を意識して夫として妻としての経済感覚はどうかな?と深読みするものです。

とはいえ初デートからケチケチしっぱなしでは楽しめませんし、気負いなくスマートに食事を奢られたら女性としては嬉しいものです。とはいえ、よく言われていることですが、「男なんだから奢って当たり前」という態度を取られると違和感がある、という男性は少なくありません。

お金を出す素振りをする、すでに支払ってくれていたら驚いたり喜んだりする、しっかりと「ご馳走様です」「とってもおいしかった、ありがとう」などと御礼を伝えることを忘れないよう、気をつけましょう。

さらには、「次は私が奢りますね」とカジュアルなお店でのデートを提案したり、お茶やスイーツなどカフェでの代金を支払ったり、たとえ少額を支払うだけでも大きく印象を変えるはずです。

■6:ノリはいいけど下品と感じた時
お酒が好きな者同士であれば、デートの席で軽くお酒を飲む食事デートは打ち解けるのにもってこい。だからと言って、飲みすぎて酔っぱらって潰れてしまったり、悪ノリしすぎて急に言葉遣いが汚くなったり下ネタに走ったりするのは、引かれてしまう可能性もあります。

その場ではノリを合わせてくれたのに、ドン引きされてる?……なんて場合もあるので要注意です。長い結婚生活、本質的には「すっぴんで笑い合えるような関係」を築けた方が結婚生活はうまくいくと考えていますが、いつの時代も男性の方が結婚相手に対して保守的であるということをお忘れなく。

■7:他の男性の匂いが感じられた時
前述の「別の本命女性が現れた時」や「好きかどうか試された、優先順位が低いと感じた時」の項目と矛盾するようですが、あなたが彼の他に気になる男性がいる場合、それを彼に悟られないようにしましょう。男性は、自分は天秤にかけているとしても、自分がかけられていることに気づくと、ショックを受けたり、冷めてしまう生き物です。

間違っても彼にヤキモチを焼かせようと他の男性の話をしたり、周囲の男性にモテているアピールなどはしないように気をつけること。自分が気になる男性の前では清楚な女性であることをアピールすることが大事です。これも「男性の方が結婚相手に対して保守的である」ということの表れなのでしょう。

■8:約束のタイミングがいつもズレる時
せっかく男性が何回かデートに誘ってくれたのに、なかなか約束の予定が合わないことがあります。それにより、なんとなく何度も誘うのが気まずくなったり、彼のテンションが下がったり、あるいは「本当は会いたくないのでは?」と他の理由を疑ったりして、そのまま終わってしまうこともあるでしょう。

特に最初の出会った直後のデートの約束が肝心です。気になる人からデートのお誘いが来たら、なるべくスケジュールを調整してNGが続かないように気をつけましょう。予定が合わないのだから仕方ない……とはいえ、予定を空けられないということは、優先順位が低いことの現れでもあるのです。逆に言えば、上手くいく恋愛はなぜかタイミングもバッチリ合うものです。

■9:思っていた以上に、積極的に追いかけられた時
男性からデートに誘われてとても楽しかった、彼を急激に好きになってしまった……そんな時こそ気を付けたいことがあります。舞い上がって、いきなり積極的に追いかけすぎたり重すぎる発言をしていませんか? 「ちょっと重いな、ウザいな」と思われれば、相手は逃げたくなってしまうかもしれません。重いと思われたということは、お互いの気持ちがイコールでない、アンバランスであることの表れです。

女性から追いかけられるような魅力的な男性は、簡単に手に入るような女性に満足度は感じません。愛しているから彼を追い続ける……それでは彼への依存度を高めるだけです。大事なことは、彼にとってあなたがオンリーワンの存在になることです。つまり、いつでも代わりが手に入るような女性ではなく、頑張って自ら手に入れたことに満足感を与えられなければいけないのです。

あなた自身が付き合いたいと思うようなステキな男性ほど、彼側に主導権を与えることで、その後の関係性もきっと上手くいくはずです。

恋愛の上手くいく基本はやっぱりこれです!

以上、脈ありだったのに心変わりする男性心理についてまとめてみました。恋愛に対して消極的な女性ほど、なかなか間合いが掴めず上手くいかないこともあるでしょう。その反対に、積極的になったつもりがやり方を間違えて引かれてしまうこともあるでしょう。

より恋愛がうまくいくための基本は、お互いのコミュニケーションスキルです。いずれも近すぎず遠すぎない、相手との距離感が大事です。

積極的な女性は伝え方や行動をうまくセーブすればよいのですが、受け身の女性は、まず相手に対して嬉しい気持ちや感謝の気持ちなどをきちんと相手に伝えることが重要ではないでしょうか。

性格的にストレートな行動を起こせなくても、LINEやメールなどのメッセージであれば、小まめな会話やコミュニケーションを取り、そこで好意や感謝、喜びの気持ちを伝えるように心掛けていきましょう。男性は女性からデートに誘ってくれたり、「一緒に〇〇に行きたい!」なんて可愛くアピールされたら嬉しいものです。ぜひ自分から二人の距離をグッと縮めてみましょう!
(文:久野 浩司)

All About

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ