「パパの誕生日を電話で祝って!」 番号付き広告でパパに連絡1万5千件

5月26日(日)19時0分 クランクイン!

※海外メディア「HuffingtonPost」のスクリーンショット

写真を拡大

 父親の62歳の誕生日を祝おうと、息子たちがニュージャージー州アトランティックシティ付近道路沿いの看板広告を購入。父親の電話番号と合わせて「お父さんのお誕生日を祝ってください」というメッセージを掲載したところ、お父さんの電話がパンク状態になってしまったという。海外メディアHuffingtonPostが伝えた。 誕生日を迎えたのはクリス・フェリー(62)。フェリーはニュージャージー在住で息子たちはフロリダにいたため、カードを送る代わりに広告を出すことにしたのだそうだ。費用は2000ドル(約21万8000円)。

 結果として全ての州、ルクセンブルグ、ネパール、ケニア、フィリピンからまでも電話があったという。ABCのテレビ番組『Live With Kelly and Ryan』からもパーソナリティが番組中に電話を試みたが、フェリーは出ることができず、メールボックスもいっぱいになっていた。寄せられた電話やメッセージは1万5000件以上だという。

 息子のクリスとマイクにとっては、これは小さい頃の悪戯の延長なのだという。フェリーはこのユーモアを理解したが、同時に電話に出ることをやめ、留守電のメッセージを変更。変更後は「お誕生日を祝ってくれてありがとうございます。とても嬉しいです…」から始まっているという。今回のプレゼントが受け入れられたと知った息子たちは、来年へのハードルが上がってしまったと感じているようだ。クリスはフロリダのテレビ局WPBF TVに対し「わからない」「もっと大きい看板広告にするとか」と語っている。

クランクイン!

「誕生日」をもっと詳しく

「誕生日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ