「一口ちょうだい」と言う彼、私に気があるの?…そうとは限りません!

5月27日(日)21時0分 yummy!

こんにちは、沙木貴咲です。一緒に食事をしていると、たまに「一口ちょうだい」と言う人がいます。同性の友人であれば、同じ皿の料理を共有するほど親しみを持ってくれていると思えますが、男性から言われたならドキッとしてしまいますよね。

あるいは、気になる男性が自分の飲んでいるペットボトルやコップの飲み物を欲しいと言ったら……? 間接キスになるんじゃないかと、アレコレ考えてしまうのでは?

「一口ちょうだい」と言う彼は、気があるのかどうか? 見極め法を詳しく見ていきます。

気があるとは限らない

そもそも、一緒に食事をしている相手に、「一口ちょうだい」と言える人と言えない人がいます。これは、相手とどれだけ親しいかどうかではなく、他人が飲食しているものに手を出す習慣があるかどうかがポイント。生まれ育った環境や、身近に接する人たちの影響が強いでしょう。

そのため、子どもの頃から家族や友人間で食べ物をシェアし合う文化があった人は、一緒に食事をする相手が親しかろうが親しくなかろうが、「一口ちょうだい」と言う可能性が高いんです。

とはいえ、男子中高生の恋愛を描く少年漫画では、片思いの女子が口をつけたペットボトルやコップに熱い視線を送るシーンがよく描かれます。男性が好きな女性に対して『間接キス』を狙うというのも、まったくないわけではないでしょう。

20代前半くらいの年齢が若い人ほど、「一口ちょうだい」の裏に本音が隠されているかもしれません。

気になるなら、確かめる!

「もしかして、好きなのかな? それとも、単純に食べたかっただけなのかな?」そんな悶々とした気持ちに心を支配されるなら、遠回しのアプローチで確認した方が良いです。

1.彼女はいるのか、好きな人はいるのか? と訊く

2.どんな女性がタイプか訊く

3.「私の良いところって何?」と質問する

たぶん、この3つを彼に訊けば、自分に対する気持ちが大体見えてくるはずです。

ほかに彼女や好きな女性がいるなら、「一口ちょうだい」に深い意味はなく、彼の好みのタイプと自分がかけ離れている場合も脈ナシ。「私の良いところって何?」と質問した時、多少でも彼に恥じらいが見られたら脈アリだけど、淡々と冷静に長所を述べたならば脈ナシ……など。

特に、彼があなたの良いところとして、「仕事ができる」「営業がうまい」「エクセルが使える」「運動が得意」「話が上手」など、ビジネススキルにも近い内容を挙げた場合、友人と見ていると判断するのが妥当でしょう。

「一口ちょうだい」と言う男性の特徴

人の食べているものを分けてもらおうとする人は、自分と他人の境界線があいまいで、親近感はあるものの、馴れ馴れしい一面も持ちます。

「一口ちょうだい」と言わないタイプの男性に比べて、フランクに付き合える一方、彼女の持ち物を自分のもののように扱ったり、勝手に借りたりするかもしれません。

そうした関係性に違和感を覚えない、あるいはむしろ居心地良く感じるのであれば、食べ物をシェアしたがる男性とお付き合いしてもうまくいくでしょう。

逆に、生まれ育った環境に他人の食べているものをもらう習慣がなく、「自分は自分。他人は他人」という線引きがしっかりしている人の場合、「一口ちょうだい」と言う彼に図々しさを覚えるはず。

付き合い始めは彼を好意的に受け止めても、慣れるに従い「私のものに手を出さないで」と嫌悪感を覚える可能性があります。

彼が脈アリだったら、そのあたりをよく考えた方が良いかもしれません。

さいごに

「一口ちょうだい」をアプローチとして言うのは、2224歳くらいが限界じゃないでしょうか。20代も半ばを越えると、さすがに「好きなコと間接キス……!」という状況にはドキドキしなくなるはず。

また、アラサーにもなると「一口ちょうだい」と言うことが、マナーがないと見られるようにもなるので、三十路前後の男性が言うなら、何か本音が隠されているのかもしれません。

彼の年齢と状況をふまえて、判断してみてくださいね。

(沙木貴咲/ライター)


yummy!

「食事」をもっと詳しく

「食事」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ