60歳で55キロを維持!秘訣は自分を愛すこと(JINSEIのスパイス!第31回)

5月28日(火)17時0分 女性自身

【今週の悩めるマダム】


お盆に家族でグアム旅行に行く予定があり、今年こそ痩せたい! と思っているのですが、意志が弱くてダイエットが続きません。ジム通いも三日坊主です。辻さんはいくつになっても昔のままのスタイルを維持されていますよね。こんな私でも無理なく続けられるおすすめのダイエット法はありますか? (愛知県在住・40代主婦)



意志が弱くても出来るダイエット。きっと、そんなものはありませんね。もしもあったら、みんなやってるでしょう(笑)。意志が弱くてダイエットが長続きしないのに、今年こそ夏までに痩せたい、というのはちょっと矛盾していませんか? 夏までに痩せたいので意志を強く持ってダイエットやるんだ、というのが正しい道順だと思われます。「楽して大金持ちになる方法」という本は売れるでしょうが、買った人がお金持ちになることはほぼないと思いますよ。それと一緒です。まずはこれを大前提として僕の話を聞いてください。



僕は60歳を目前にしていますが、痩せています。体重は55キロです。実はけっこうな努力をしているのです。毎日走りますし、腹筋も欠かしません。飲み会に誘われても人と同じペースでは飲み食いはしません。



かつて僕は太っていたことがあります。ロック歌手でもあるわけですから、職業上、太っちゃいけませんね。太ったロックンローラーだけはやはりNGだと思います。しかし、僕の周囲の同世代はだいたいお腹が出ています。お腹が出ていない中年男性を探す方が難しいでしょう。でも、僕はお腹が出ていません。その秘訣とは? 「腹八分に医者いらず」ということわざがありますけど、まさにその通り。太るのは嫌だというメッセージを常に脳に送っています。食べるものも玄米一膳が基本で、あとは本当に美味しいものを少しだけ頂くようにしています。また、毎日自分の裸を鏡に映して確認する“鏡ダイエット”も効果的ですよ。腹部にたるみが出るようなことを許しません。ダイエットという考え方を、かっこいい身体を持ちたい、に変えるのがいいと思います。年齢を重ねれば当然新陳代謝も悪くなりますし、お腹も出てきます。



そこで痩せるには3つの精神的バックボーンが必要となります。(1)かっこ悪い自分は許せないという美意識を持つ。(2)いつまでも異性に可愛い(かっこいい)と言われたい願望を忘れない。(3)ナルシシズムの境地で生きる。



要するにダイエットというのは心の問題なのです。他人にどう見られているかをすごく気にする人、または、自分がこうありたいと明確なスタイルを持っている人が達成しやすいのかもしれませんね。その上、意志がある程度あれば、自ずと痩せられるのではないでしょうか。その人に似合っていれば太っていても僕は可愛いと思います。でも、明らかに不健康な太り方はよくないですね。ご自身の長生きのためにもダイエットは必要です。



4番目に健康を維持したいという願望も付け加えておきましょう。最近の僕はこの4番目をいちばんの目標にしています。なぜならもうすぐ還暦ですからね。“セクシーな初老”を目指す僕からは以上です(笑)



【JINSEIの格言】


(1)他人にどう思われても構わない。(2)自分に興味がない。(3)異性の目は気にしない。このような感覚を持っていれば、ダイエットに成功しない可能性が高いので見直してみてください。



この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。



以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

女性自身

「スパイス」をもっと詳しく

「スパイス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ