昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

5月28日(月)7時0分 NEWSポストセブン

銀歯を割ると、その下で虫歯が広がっていた

写真を拡大

 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。


 * * *

 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。


 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。


 大学の授業では「やってはいけない治療」と教えてきた悪例だが、このような銀歯は珍しくないという。


 歯科医が銀歯を真っ二つに割ってみると、中では虫歯が再発していた(画像参照)。患者に聞くと、特別な痛みは感じていなかったという。スキルの高い歯科医に、ズサンな銀歯を見抜いてもらっていなかったら、虫歯が深く進行して“抜歯”になっていた可能性が高い。


 歯科業界には、他の歯医者の手抜きを指摘しないという不文律がある。だから私たち患者は、手抜き銀歯が蔓延していることを知らなかったのだ。こうした手抜き銀歯は、歯を失う“負の連鎖”をスタートさせていた。東京医科歯科大学の田上順次副学長が指摘する。


「適合性が悪い(=歯の形状に合っていない)銀歯では、二次カリエスと呼ばれる虫歯の再発が起きます。銀歯と歯の隙間から、細菌が侵入してしまうのが原因で、銀歯の装着に使用したセメントが溶けて隙間ができている場合もあります。


 虫歯が再発すると、再び歯を削らなければなりません。そうすると、神経に感染が起きやすくなります。感染した神経は抜くしかありません(抜髄)。神経を抜いた歯は、寿命が短くなります」


 虫歯になったら歯を削り、銀歯を被せる──そこに「歯を失う連鎖」が隠されていたのだ。


◆健全な歯まで削る「100年前の基本原則」


 日本の歯科治療ではこの負の連鎖を加速させる“古い常識”が定着してしまっている。


 虫歯の治療中に痛みを感じるのは“健康な部分まで削っている”からだとご存じだろうか。虫歯菌に感染した部分は、神経がダメになってしまっているので削っても痛くない。痛いのは周囲の感染していない部分まで大きく削ってしまうためだ。長崎大学歯学部の久保至誠准教授に健全な歯を削る理由を解説してもらった。


「“予防拡大”という100年以上前に確立された、虫歯治療の基本原則があるからです。これは二次カリエスを予防するため、虫歯になりそうな健康な歯の溝などを、あらかじめ削って金属に替える考え方です。歯ブラシが届かず、プラークが溜まりやすそうな部分を削って、金属面にする。言うなれば、転ばぬ先の杖。


 でも、これは大きなお世話だったと近年になって分かりました。金属部分は虫歯になりませんが、大きく削ってしまうと、歯の寿命は短くなるからです」


 必要もないのに大きく削って、手抜きの銀歯がかぶせられ、虫歯が再発するとさらに削られる。患者は“歯医者で治療してもらった”と思っていても、その実は歯の寿命を縮めていた可能性が高いのだ。


※週刊ポスト2018年6月8日号

NEWSポストセブン

「虫歯」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「虫歯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ