アンカー・ジャパンがAndroidOSと360°スピーカー搭載のスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule』を発売

5月29日(火)10時30分 ガジェット通信

アンカー・ジャパンがAndroidOSと360°スピーカー搭載のスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule』を発売

写真を拡大

アンカー・ジャパンは5月29日、コンパクトサイズなエンターテインメント用途のスマートプロジェクター『Anker Nebula Capsule』を発売しました。

OSにAndroid 7.1を搭載。『YouTube』や『Netflix』、『Amazon プライム・ビデオ』の映像コンテンツの再生に対応します。最大100インチの映像を100ANSIルーメンの明るさで投影し、解像度は854×480。Wi-Fi接続時には約3時間の動画再生、Bluetoothスピーカーとして使用する際は約30時間の音楽再生が可能。

本体は350ml缶サイズで、360°スピーカーを搭載。部屋のどこにいても映像や音楽を楽しむことができます。

HDMI入力した機器の映像、USB OTG接続した機器のファイルが再生できるほか、パソコンやスマートフォン、タブレットのミラーリングにも対応します。

昨年秋に『Indiegogo』によるクラウドファンディングで、4700人のバッカ—(支援者)から1.4億円の支援を集めた製品。Ankerでは初のスマートエンターテインメント・デバイスと一致づけています。価格は3万9800円(税込み)です。

『Anker Nebula Capsule』仕様
解像度:854×480画素
輝度:100ANSIルーメン
充電時間:約2.5時間(※Quick Charge 2.0/9V 2A入力の場合)
再生時間
動画:約4時間(ローカルコンテンツ再生時)/約3時間(Wi-Fi 利用時)
音楽:約30時間(Bluetooth スピーカーモード時)
接続:Wi-Fi/HDMI/Bluetooth4.0/microUSB/USB OTG
サイズ:約120×68×68mm
重さ:約470g
パッケージ内容:Anker Nebula Capsule、充電用アダプター、リモコン、取扱説明書

—— 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ