NHK『Rの法則』後番組も10代意識 意見さまざま

5月29日(火)8時58分 STANDBY


MCを務めていた元TOKIO山口達也(46歳)の強制わいせつ騒動で、NHK・Eテレ『Rの法則』が放送終了となってから、もうすぐ1カ月が経つ。そんななか、5月23日に行われたNHKの放送総局長会見で、後番組は「引き続き10代の視聴者に喜ばれるような番組」という意向が明かされたといい、ネット上で話題になっている。

デイリースポーツなどによると、放送開始時期などは未定だが、「中学生や高校生、十代の視聴者に見てもらう役割を何らかの形で引き継いでいくような番組を開発してほしい」というオーダーを現場サイドに投げているという。

そもそも『Rの法則』を、果たしてどれだけの10代が見ていたのか不明というところもあり、Twitterでは、「10代」にこだわるNHKについて、

“山口くんのこともあったのに?
あのNHK、大丈夫ですか…笑”

と、また同じ悲劇が繰り返されるのではないかと心配する声が上がっている。 またなかには、

“どうすれば性被害に合わないかっていう番組にすればw”(原文ママ)

と揶揄するような声や、

“MCは女性芸人とかがいいんじゃないですかね。”

など、予防策を提案するユーザーも散見される。しかしその一方で、

“コンセプトの継続はいいと思うけど、前は中高生と言いつつ芸能事務所に所属してる子ばかりだった。NHKが芸能事務所との行政枠として考えてるならいらない。やるなら一般の中高生起用を。”
“いや番組自体が原因で事件が起こった訳ではないので、10代向けに良質な番組を作ろうとするのは、別にいいことなんじゃないかな。”

など、(作り方によっては)コンセプトは良いのではという声も。

いずれにせよ、より慎重な姿勢が求められているのは確か。果たしてどんな番組が始まるのか、注目度は高い。
(花賀 太)

■関連リンク
NHK総局長「Rの法則」後番組も「十代に喜ばれるように」‐デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/23/0011284116.shtml

NHK Rの法則
http://www.nhk.or.jp/rhousoku/

STANDBY

「NHK」をもっと詳しく

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ