日大アメフト部騒動の余波 「日東駒専」も崩壊?

5月29日(火)11時58分 STANDBY


さまざまな問題を浮き彫りにした、日本大学アメリカンフットボール部の反則騒動。内田正人前監督と井上奨コーチが開いた緊急会見に続き、日本大学の学長・大塚吉兵衛氏も記者会見したものの、学内外からの批判が止まない。

そんななか、大学受験の際の目安として、“日東駒専”というネーミングのもと、日大とひとくくりにされがちな東洋大学、駒澤大学、専修大学について言及する声もみられる。

Twitterには、

“同じ日東駒専として迷惑だよ日大さん”
“日大行く人が残りの日東駒専くるからまじでくそ迷惑。”(原文ママ)

と迷惑がる声のほか、

“日大が無能すぎてヤバい。日東駒専で同じくくりにされたくないww”
“日東駒専ってよく言われるけど、#日大 と並べられた大学はいい迷惑だよなぁ。”
“もう日大ブランドなんてないし
日東駒専からランク下げ
東洋、駒澤、専修に失礼だな”

など、厳しい言葉も多く見受けられる。さらには、

“日大イメージダウンが止まらない(´・ω・`)
もう日東駒専から日を外そうぜ☆”
“もう日東駒専ってフレーズは消滅。東駒専…”
“日東駒専じゃなく東駒専のほうがいいだろもう”

と、“日東駒専”から日大を除外してもいいのではという声も少なくない。

そもそも“日東駒専”は、なんとなく同程度の偏差値というグループ分けだったはずだが、もはやどういう形であれ、同列扱いにされたくない/したくないということのようだ。

もちろん日大内でも、日大生を名乗るTwitterユーザーが自校の対応のマズさを嘆くなど、内部からも“風評被害”を懸念するような発信は多い。「日大=悪」と決めつけるのではなく、あくまで個人、あるいは個別組織を見ることが大切ではあるが、試合にしろ記者会見にしろ、看板を背負って発信していることの重大さが、改めて浮き彫りになっている事件ともいえるのかもしれない。
(花賀 太)

■関連リンク
日本大学アメリカンフットボール部フェニックスOfficialサイト
http://nu-phoenix.com/

芸術学部,芸術学研究科の学生の皆さまへ-日本大学芸術学部
http://www.art.nihon-u.ac.jp/blog/2018/05/%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%AD%A6%E9%83%A8%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%A7%91%E3%81%AE%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%9A%86%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%B8/

STANDBY

「アメフト」をもっと詳しく

「アメフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ