デーモン閣下、がん検診にまたひと肌...相変わらず立派な悪魔です

5月30日(土)7時44分 Jタウンネット

公式サイト

写真を拡大

[Jステーション-広島HOMEテレビ]2015年5月21日放送で、21日から始まった"閣下Eメール"を取り上げていました。


広島県が打ち出した、2015年度のがん検診啓発キャンペーンは、Eメールを使った"閣下Eメール"です。Eメール会員に、デーモン閣下が、市や町のがん検診の日程やがんの基礎情報などを、1か月に2回程度知らせます。


県がん検診啓発特使であるデーモン閣下は、「そういえば、がん検診に行かなきゃと思い起こさせる、とってもいいシステムだと思う」と話していました。


デーモン閣下は、2012年度から県のがん検診啓発特使を務めています。ある時は、カープ主催試合の始球式に参加し、またある時は、広島市の中心市街地を練り歩き、2014年は自らの声で、がん検診の窓口を案内する"閣下ダイヤル"など、県と共同でがん検診を啓発してきました。


県内のがん検診の受診率は、目標とする50%にはまだ達していません。がん検診の主なターゲットは40代から50代で、2015年度はこの世代にも身近なEメールを活用して訴えます。


この日の放送では、スタジオにデーモン閣下が訪れ、がん検診の大切さを語っていました。今までがん検診に関心のなかった方も決して他人事ではないと、これを機に関心を持っていければと思います。(ライター:haruhana)

Jタウンネット

「検診」をもっと詳しく

「検診」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ