シュレッドチーズがうりの練馬区「クッキング・チーズ」 郊外店ながら開店半年でホームピザセット5,000枚販売

5月31日(木)9時30分 @Press

料理用チーズ専門店「クッキング・チーズ」(運営:有限会社メルティングポット、所在地:東京都練馬区・大泉学園、代表者:佐藤 陽呂美)が、都心から離れた立地でありながら半年間でホームピザセット5,000枚を売り上げ、「料理用チーズに特化」という一つのビジネスモデル、可能性に関心が集まっていることをお知らせいたします。料理用途に合わせて店内でブレンドするシュレッドチーズが最大のうりの当店は、このコンセプトにチーズ業界関係者からも注目され、オープンから半年経過した現在は、地域密着店として根付きつつあります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/157677/LL_img_157677_1.jpg
チーズブレンダーオリジナルブレンド

URL: https://cooking-cheese.co.jp/


●出店のきっかけ
店主の佐藤 陽呂美(ひろみ)は、25年間にわたり乳製品業界で商品開発やプロモーションに携わり、チーズの祭典「チーズフェスタ」の広報を16年担当してきました。これらの経験から「こんなチーズ屋さんがあったらいいなぁ」という想いをきっかけに、「いろいろなチーズを少しずつ楽しみたい」「大きなカットだと余って無駄にする」などチーズを買う人の想いに応えるとともに、「料理用途に合わせて濃厚さや糸引きを調整できるシュレッドチーズは受け入れられるのでは?」と一念発起して当店を立ち上げました。


●商品アイテム(輸入ナチュラルチーズが中心)
ピザのためにブレンドしたスペシャルシュレッドチーズ、ドライトマトやオリーブオイルなどをミックスしたトッピング、ピザ台2枚のホームピザセット(税別1,000円)が、地元の主婦らに人気です。リピーターを飽きさせないようチーズの配合は毎回変えており、ブレンドによる違いを楽しめるよう工夫。チーズ市場ではなかなか難しいとされるシュレッドチーズの“付加価値化”に挑戦しています。
また、ニュージーランドやアメリカ、イタリア、フランスなど各国のハード系、ソフト系チーズのカット、クラッシュ、パウダーなど計約30種類のチーズを揃え、50gからの買い求めやすい価格設定にしています。なお、パンやソーセージ、ピザソース、スパイスなどチーズと相性の良い関連食材も用意しています。


●店主の想い
目指すのは地域密着店。料理用チーズ専門店なので、レシピ紹介に力を入れ、お客様とのコミュニケーションを大事にしています。地域のマルシェや「まちゼミねりま」など地域のイベントにも積極的に参加し、口こみで広がる店を目指します。
なお、佐藤店主はフランスチーズ鑑定騎士の会の日本支部理事、チーズプロフェッショナル協会の賛助会員。


●店舗情報
店舗名 : クッキング・チーズ
所在地 : 東京都練馬区東大泉5-38-20 1F
開店日 : 2017年12月1日(金)
TEL : 03-5935-4428
FAX : 03-5935-4429
営業時間 : 11:00〜19:30
定休日 : 月曜日
交通 : 西武池袋線大泉学園駅から徒歩3分
ホームページ: https://cooking-cheese.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ピザ」をもっと詳しく

「ピザ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ