歯周病は脳梗塞、心筋梗塞、誤嚥性肺炎、糖尿病の要因に

5月31日(木)7時0分 NEWSポストセブン

いい加減な治療が重大疾患の原因に

写真を拡大

 口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくことがある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。


 * * *

 脳梗塞、心筋梗塞、細菌性心内膜炎、腎炎、誤嚥性肺炎、パージャ病、動脈硬化症、アルツハイマー病、糖尿病……。


 これらに「歯周病」が関係していると言われても、本気で信じる人は少ない。筆者もそうだったが、国立循環器病研究センターが、心臓疾患の患者に次のような警鐘を鳴らしていることを知って考えが変わった。


「歯周病にかかっている人はそうでない人に比べ1.5〜2.8倍も循環器病を発症しやすいことがわかっています。さらに、循環器病の原因となるアテローム性動脈硬化症の程度が、歯周病と関連することがわかってきました」


 アテロームとは、コレステロールなどが動脈の内膜に沈着して起きる動脈硬化を指す。東京歯科大学名誉教授・奥田克爾(かつじ)氏は、心臓外科医・南淵明宏氏との共同研究で、心臓の冠状動脈の血管内壁に付着したプラークから、歯周病原菌を検出した。歯周病原菌は、口腔内の血管から入り込み、全身を駆け巡っていたのだ。


「頸動脈の内側に付着したプラークが大きくなって脱落し、それが脳血管を詰まらせると、脳梗塞になると考えられます。歯周病を予防することは、命を守ることになる、というのは決して大げさではありません」


 本来なら、国をあげて歯周病の治療や予防が必要なはずだが、十分とはいえない。また過去に歯医者で受けた治療が歯周病の原因になり得ることも、あまり知られていない。


※週刊ポスト2018年6月8日号

NEWSポストセブン

「歯周病」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「歯周病」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ