一歩も引けない!?男の子同士の面白過ぎるケンカの話

6月1日(土)18時14分 アサジョ

 年中から小学生までを教育現場で見ている筆者は、さまざまなケンカの場面に遭遇します。大人なら「そんな言い合いにエネルギーを使うなんてもったいない…」と思えるようなことでも、子どもにとっては真剣そのもの。あるとき、ケンカの火種はどこへやら、いつしかよくわからない討論になってしまった男の子2人がいました。

 年長のYくんが、砂場で大きな山を作っていたときのこと。同じく年長のKくんが「ぼくもやまをつくりたい!」とやってきました。するとYくん。「ダメだよ。ここはあそぶのにきょかがひつようなんだ。さっき、ぼく、あっちにいるOくんにきょかをもらったんだよ。だから、ダメだよ」と拒否。もちろん、Kくんは怒って歯向かいます。

「なんだよ、いいじゃないか! Oくんはここにいないしさぁ」。そこでYくんがポロッと「ここではぼくがおうさまなんだ」と呟きました。先ほどOくんと遊んでいた際にYくんは王様に任命され、この砂場を守る役割を任されたようです。そばで見守っていた筆者は、てっきりKくんが砂場遊びをしたいと主張するのかと思ったのですが、違いました。

「おうさま……? どういうことだよ! それって、せかいじゅうの、たったひとりのおうさまってことかよ!?」と顔を真っ赤にして聞くKくん。Yくんは何を聞かれているのかよくわからず沈黙。「せかいに、いったことあんのかよ!?」とKくんが続けます。「ないよ……」と小さい声で返事をするYくん。「そんなの、おうさまじゃねー!!!」と、まるで頭から湯気が出ているようなKくんの憤りでした。

「だって、だって、Oくんがいったんだもん。ぼくはしらないよ。もんくはOくんにいってよ」

「は? せかいにいっていないのに、うるせー!」

「ぼくはわるくないもん! いわれたからおうさまなだけだもん!」

 砂場での山作りはどこへやら。論点は「王様たるか否か」一点に切り替わりました。どんな決め方であれ、王様に任命してもらえたことに誇りをもっているYくんは、王座を譲るわけにはいきません。一方、認められない王様の言うことに、黙って従うわけにはいかないKくん。

「ぼくはしらない! でもおうさまなんだ!」

「だから、せかいのなのかよ」

「しらないよ」

「じゃあ、なんでえいごもしゃべれないのにおうさまなんだよ」

「あのこがきめたんだよ」

「だから、せかいのおうなのかよ!!?」

 2人の謎の言い合いは、その後15分ほど続きました。仲直りの仕方も2人にみつけて欲しいと見守っていた筆者も、そろそろ仲裁に入ろうかと考えていたとき、風が吹いて桜の花びらがひらひら舞い落ちてきました。「あっ!」と、それを見た二人は一目散に駆け出し、花びらを掴み取ろうとジャンプ。「おれ、とれた〜!」「こっちだって!」と、その後は笑い合いながら花びらキャッチに興じていました。あのケンカはいったいなんだったのか……。

 いつでも本気、いつでも全力。男の子同士の友情やケンカは、なんとも不思議なものです。

(Nao Kiyota)

アサジョ

「ケンカ」をもっと詳しく

「ケンカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ