「こんな女子なら付き合いたい!」男子から見て好印象の「習慣」って?

6月1日(土)17時0分 ハウコレ



こんにちは、美佳です。


モテるために、または自分のために、自分磨きに励んでいる女子はたくさんいますよね。


けれど、度の超えた自分磨きをしていると、周りからは『何を目指しているの・・・?』と不思議がられ、男子が寄ってくるどころか、近寄りがたいと思われ、避けられる場合も。


そこで今回は、男子も受け入れやすい自分磨きとはどんなものなのかをご紹介します。あなたが好きなことで、男子も『素敵だな♡』と思ってもらえたら最高ですよね。


それでは行ってみましょう。


■将来のために語学や資格の勉強

英会話に料理教室、ヨガにセミナー・・・・・・と、習い事を片っ端からする女子もいるかもしれません。




習いごとは自己満足の一種でもあるので、好きなだけすればいいとは思いますが、習ったことをすべて活かせているかと考えてみるとどうでしょう・・・?




単なる趣味程度や暇つぶしがてらに習いごとをしているのならいいかもしれません。でも、少しやっただけで一流になった気分になったり、飽きたりして、また次の習いごとへ・・・となっていたら、キリがないです。




その状態は、本来の自分磨きをしているというよりも「自分磨きをした気になっているだけ」な気がします。




ちょっとキツイ言い方をすると『習いごとしてる自分に酔ってるんだろうな』という感じ。


じゃあ、男子が受け入れやすい習いごとって何なんでしょう?






簡単にいうと、ジャンルはなんでもよくて、「目標を持って取り組んでいるかどうか」が大事です。




・将来海外で働きたいから、英語をマスターする!
・〇〇の資格を取って、自分で会社を立ち上げる!
など明確な目標に向かって、ひたむきに、そして諦めずして学ぶことです。


■食生活に、ほどよく気を付けている

女子の中にはスタイル維持のためにジムに通ったり、夏に水着を着るためにダイエットをしている子もいるでしょう。




体型を気にかけないよりかはいいかと思いますが、デートの時も「あ、私ダイエット中だから野菜以外食べれないの」と言われたら、彼もうんざりかもしれません。




もちろん彼もダイエット中とか、元からビーガンならいいですが、そうでないなら、毎回野菜中心の食事デートってつまらないです。


デートの誘い文句って「ご飯行こう」とか「飲みに行こう」っていう流れが多いなかで、それが使えないとなると、相手も「誘いにくいな・・・」と、躊躇(ちゅうちょ)してしまう。


だったら、デート中は食事制限をゆるく設定するとか、逆に食事を徹底的に管理したいなら食事以外のデートをするようにするとか・・・こちらから提案した方がいいでしょう。


気軽に誘えない状況を作って彼との進展がなくなるよりは、より良いデート案を考えてみてくださいね。


■スキンケアや健康に力を入れている

メイクポーチを開けたらハイブランドのコスメばかり、という女子は多いですよね。


色違いのリップやアイシャドウを何個も持っている人もいるでしょう。




質のいいものは発色が良かったりもするし、それを使っていることでテンションが上がるのならそれで良いと思うんです。


けれど、男子からしたら理解不能かもしれません。




どちからといえば、コスメに高いお金をかけるよりも、スキンケア用品や健康のためにお金をかけたほうが、理解はされやすいです。


ただ、理解されるために自分磨きをするわけでもない。
美意識は本当に「自分のため」という思いが強い気持ちもわかります。




だからこそ “自分を飾るため” ではなく、“自分そのもの” を良くしようとしたほうがいいと思うんです。


すっぴんの肌そのものをきれいにするとか、ファッションで体型をごまかす前に、代謝をよくして痩せやすい体にするとか、そういうこと。


そうすれば、あなた自身も輝くし、ついでに彼にも『素敵だな♡』と思ってもらえます。


■おわりに:自分磨きをアピールする必要はなし!

「自分磨き」って、始めたらキリがないですよね。自己満足を徹底したいと思って続ける人もいるし、男子ウケのために日々積み重ねている人もいるし。




ただ、男子には『お金がかかる女』『付き合っても自分のことばかりに集中しそう』とネガティブなイメージを抱かれてしまうこともあります。






だから、自分を高めようとすることはものすごく良いんですけど、周りに“私はこれだけお金をかけて自分磨きしてるのよ”と自分から言う必要はないと思います。


こっそり自分磨きをして、自分をもっと魅力的にしちゃいましょう。(美佳/ライター)


関連記事:【愛され続けるために】付き合ってから、彼氏が彼女にガッカリすること4つ


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「モテる」をもっと詳しく

「モテる」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ