初心者でもカンタン!【セリア】の「バスク風チーズケーキ ミックス粉」作ってみた!

2024年5月31日(金)6時30分 マイナビ子育て

セリアの「バスク風チーズケーキ ミックス粉」は、簡単な手順で話題のバスク風チーズケーキが作れる優れもの。順番に材料を混ぜていくだけなので、初心者や子どもでもこれがあればすぐに作れます。アレンジレシピもあわせてご紹介しますので参考にしてみてくださいね♪

こんにちは♪ キャラ弁・フラワーケーキ講師のよんぴよままです。

セリアでは初心者でも簡単に作れるような、焼き菓子のミックス粉が豊富。話題になるスイーツのミックス粉も次々と登場して増え続けています。それぞれ作るために揃える材料や手順は違いますが、どれも難しい作業はあまりないので、手軽に挑戦できるのが魅力。

今回ご紹介する「バスク風チーズケーキ ミックス粉」は、こんなに簡単でいいの? と思ってしまうくらい簡単なのに、しっかりおいしく焼き上がるオススメのミックス粉です。

バスク風チーズケーキとは

pierre a pierre / PIXTA

バスク風チーズケーキとは、スペインのバスク地方の老舗バルで作られて人気となったチーズケーキ。その最大の特徴は表面が焦げていること! これは一般的な焦げとは異なり、高温で焼き上げることで表面部分の生地内の砂糖をカラメル化させたものなんです。

表面はカラメルになるほど香ばしく焼き上がったのに対し、中はしっとり半レアのような食感、そして濃厚なチーズの風味を堪能できるベイクドチーズケーキが「バスク風チーズケーキ」です。

【セリア】バスク風チーズケーキ ミックス粉

セリアのミックス粉で作ることができるのは、底径5cm×高さ4cmの焼き型6個分。ホールケーキ型だと直径12cmの4号サイズ1個分になります。量的にはそこまでたくさんできませんが、ちょっとおうちでおやつに作る分にはちょうどいいですね。

商品詳細■原材料名:砂糖(国内製造)、小麦粉、でん粉/膨張剤※本品製造工場では、乳成分・卵を含む製品を製造しております。■内容量:60g■食味期限:この時は購入時より9ヶ月■保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。■栄養成分表示(100g当たり)エネルギー 392kcal、たんぱく質 1.7g、脂質 1.3g、炭水化物 93.4g、食塩相当量 0.2g(推定値)

バスク風チーズケーキを作ってみよう!

我が家は家族みんなチーズケーキが大好きですが、バスク風チーズケーキを作るのは初めて。ちゃんと焼けるのか、しっかりレビューしていきます!

用意する材料

用意するのはこちらの4点。ミックス粉以外は3点だけ!

材料・バスク風チーズケーキミックス粉……1袋・クリームチーズ……200g・全卵……1個分・生クリーム……100ml

クリームチーズは200gの商品が多いので計量なしで済んでしまうし、生クリームも1パック200mlのものだと半分なのでわかりやすいですね! これに卵が1個で材料が揃います。

クリームチーズがいいお値段するので、ミックス粉としてのコスパはどうなんだろう? と思う方もいると思いますが、粉類の計量が不要で、作る手順がとてもシンプルになっていることを考えると、初めて作るときには心強くて◎。簡単に作りたいならこのままリピートしてもよし、慣れたら材料をイチから揃えて計量するようになるのもよし。

下準備

まずは下準備から。ちょっと面倒でも、これをしておくと格段にスムーズに作業が進みます。

クリームチーズ・全卵・生クリームは室温に戻す混ざりやすくするために、冷蔵庫から出して室温に。寒い季節の場合、クリームチーズは時間が経ってもやわらかくなってこないので、電子レンジで少し温めてあげるといいですよ。10秒ずつ加熱して様子を見ながら追加加熱してみて。

全卵を溶く卵は混ぜやすく、溶きほぐしておきます。

オーブンを210℃に予熱とにかく作業が簡単ですぐ終わってしまうので、オーブンは作りはじめる前に予熱しておくくらいが時間のロスがありません。

ケーキ型の用意型は紙製のカップケーキやマフィン型、金属製の場合はオーブンペーパーやグラシン紙を敷いて使います。後で取り出しやすいようにこれは必須。ホールケーキ型にオーブンペーパーを敷くときには、少し大きめにカットして、ぐしゃぐしゃっと丸めてから広げて型に敷き詰めればOKです。

作業の確認作業の流れはひと通り読んで確認しておきましょう。このチーズケーキの場合、順番に加えて混ぜていくだけなので、どの順に入れていくのかわかれば取りあえず大丈夫。

作り方

① ボウルにクリームチーズを入れ、泡立て器でクリーム状になるまでよく混ぜる。

② 溶いた卵を少量ずつ加え、その都度よく混ぜる。

③ ミックス粉を加え、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

④ 生クリームを少しずつ加えて混ぜる。

⑤ 焼き型に生地を均等に入れ、オーブンで25〜30分焼く。

焼き時間はオーブンによって多少異なるので、竹串をさして生っぽい生地がついてこなければOK。表面に焼き色がしっかりつくまで焼くと◎。焦げすぎるようならアルミホイルを被せてください。

焼きたてはぷっくり膨らんでふわふわ。やわらかく崩れやすい状態です。このふわふわ感を楽しみたい場合は、アツアツを食べてもOK。

バスク風チーズケーキらしい濃厚なしっとり感を味わいたいならしっかり冷やして落ち着かせてから。粗熱が取れたらラップをかけて、冷蔵庫でひと晩しっかり冷やすと、ぎゅっとしぼんで真ん中が凹みます。ずっしりとした詰まった状態に変わります。

そのお味は?

表面のカラメルと濃厚なチーズの風味を楽しみたいバスク風チーズケーキは、クリームやジャムを塗ったりせず、粉糖をふる程度で。しっかり焼き色をつければ、ちょっとスモーキーな香りがします。カットしてみるとずっしりと濃厚そう。

見た目的には「苦くないのかな?」「濃厚すぎて重く感じるかな?」と思うくらいなのですが、これが実際食べてみるといい意味で裏切られます。香ばしいカラメルの甘みと香りのアクセントになっていて、すごくいい仕事をしてくれるんです。

生地のほうも濃厚な味わいだけど、意外に重くなく、甘さも控えめで食べやすい味。ただ順番にぐるぐる混ぜていっただけなのに……ちゃんとおいしいチーズケーキができました!!

「バスク風チーズケーキ ミックス粉」を使ったアレンジ

ブルーベリー入りバスク風チーズケーキ

ちょっと味を変えてみたいときには、チーズケーキと相性抜群のブルーベリーを入れてみて。

通常通り作って、焼く直前に冷凍ブルーベリーを押し込んで、表面をならして焼くだけ。

色も鮮やかなチーズケーキになります。ブルーベリーのフルーティーさが加わり、爽やかな味わいに。オレンジピールなど柑橘系のものを加えてもイイですね♪

クリームチーズ → 水切りヨーグルトにすると……

カロリーが気になるときには、クリームチーズを水切りヨーグルトで代用して作ることもできます。材料費も格段に抑えられる節約スイーツに。

見た目も本格的なホールケーキ型(直径12cm 4号サイズ)で焼きました。

ボウルとザルを重ねてキッチンペーパーを2枚重ねて敷き、プレーンヨーグルト1パック(400g)を入れて冷蔵庫でひと晩。半分の200gくらいにして、そのままクリームチーズの代わりに使うだけ。作り方もほかの材料の分量もそのままでOK。

ホールケーキ型で焼いたので、焼き時間は40分程度焼いて、しっかり表面に焼き色をつけます。熱いうちはふわふわとやわらかく、型から出そうとすると崩れる心配があるので、型に入れたまま冷まします。粗熱が取れてから冷蔵庫でひと晩しっかり冷やしましょう。

焼き上がりは型からあふれそうなくらい膨らみますが、ひと晩冷蔵庫で冷やすと凹んでずっしりとした仕上がりに。オーブンペーパーを引っ張るようにして型から取り出します。

見た目は完全にバスク風チーズケーキという感じ。きめが細かくしっとり。

クリームチーズが入っていないので、口当たりは軽やかでシュワっと溶けるよう。水切りしてもヨーグルトなので、通常のチーズケーキよりも水分量が多いのか瑞々しく、爽やかな味です。

チョコ バスク風チーズケーキ

濃厚なチーズケーキをパワーアップさせたチョコ味。溶かしたチョコレートとココアを加えたら、まったりとした口当たりになりました。意外に甘さは控え目でビターな味わいです。

材料通常の材料にチョコレート50g、ピュアココア大さじ2をプラスします。

作り方① チョコレートを細かく刻む。② 生クリームを鍋に入れて温め(沸騰させない。鍋縁がふつふつする程度)、火を止めてチョコレートを加えて完全に溶かす。③ クリームチーズをボウルに入れて、泡立て器で混ぜてクリーム状にする。④ 溶いた卵を少しずつ加えてその都度よく混ぜる。⑤ ミックス粉とココアを加えて粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。⑥ ②を加えてよく混ぜる。⑦ ケーキ型に流し入れて210℃に予熱したオーブンで40〜45分程度焼く。⑧ 型に入れたまま冷ます。

チョコレートは生クリームに溶かし、ココアはミックス粉と一緒に混ぜるだけで、基本的な作り方は同じです。

チョコレートとココアの分だけ重さもプラスされるので、ずっしり感は増します。

カットするとレアチーズケーキのようなねっとりとした感触。

食べ応えがありますが、ココア効果でほろ苦な味なのでくどさは控え目。時間をかけてゆっくり楽しみたい味です。

まとめ

セリアの「バスク風チーズケーキ  ミックス粉」は、クリームチーズや生クリームなどの材料を用意するだけで、初心者でもとても簡単にバスク風チーズケーキが作れる優れものです。

ワンボウルで材料を順番に加えて混ぜていくだけという手軽さながら、仕上がりは本格的なチーズケーキ。しっかり表面に色がつくまで焼くのが味のポイントなので、焼き時間は様子を見ながら調整してくださいね♪

ぜひ試してみてくださいね。

マイナビ子育て

「ケーキ」をもっと詳しく

「ケーキ」のニュース

「ケーキ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ