【夏休み2017】教えて、高校生とヤマハがもっと仲良くなる方法7/29

6月2日(金)13時15分 リセマム

近未来ハイスクールでのワークショップのようす

写真を拡大

ヤマハミュージックジャパンとオプンラボは7月29日、「教えて!高校生とヤマハがもっと仲良くなる方法」と題したキャリア教育プログラム、アイデアソンを開催する。対象は、高校生を中心とした10代の生徒。中学生や大学生も可。定員は30名。参加費無料。

 「教えて!高校生とヤマハがもっと仲良くなる方法」では、ヤマハグループの「若い世代の方により親しみを感じてもらい、近い存在となりたい」という企業の課題をテーマに、オプンラボが企画、運営するキャリア教育プログラム「近未来ハイスクール」内で高校生を中心とした10代の生徒が解決策を考える。

 当日は、ヤマハについての課題の中から解決したいテーマを選択し、ヤマハ銀座ビル内の見学やワークショップ、グループ発表を行う。

 ワークショップのファシリテーターは、広告業界やメーカーなどの最前線に関わるマーケティングの専門家が担当する。実際の仕事の現場に近い流れで進行し、若い世代が触れたいと思うようなヤマハのブランドづくりや、若い世代とヤマハの関係づくりについてのアイデア提案をサポートする。ヤマハは、アイデアソンに参加する意義を「社会に出る前に、企業活動の片鱗を知り考えることができる」「ブランド、製品、サービスについて自分の考えをリアルに感じる」ことができるとしている。

 応募期間は、6月1日午後3時から7月18日午後5時まで。参加を希望する場合は、オプンラボWebサイト内の参加者申込みフォームより申し込む。オブザーバーとして中学校、高校の教員の見学も受け付けている。

◆教えて!高校生とヤマハがもっと仲良くなる方法
日時:2017年7月29日(土)13:00〜17:30
会場:ヤマハ銀座ビル6Fコンサートサロン(東京都中央区銀座7-9-14)
対象:高校生、中学生、大学生(10代)
定員:30名
※応募者多数の場合は抽選のうえ当選者へ連絡
参加費:無料
持ち物:筆記用具(ノート、ペン)
※スマートフォンやノートパソコン、モバイルWi-Fiの持ち込み可
申込方法:参加者申込みフォームより申し込む
申込期間:2017年6月1日(木)15:00〜7月18日(火)17:00まで

【オブザーバー】
対象:中学校、高校の教員
定員:10名
申込方法:オブザーバー申込みフォームより申し込む

リセマム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヤマハをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ