育休明けの男性社員に転勤内示とのパタハラ告発が物議 カネカ「コメント差し控える」

6月3日(月)18時6分 BIGLOBEニュース編集部

画像はTwitterスクリーンショット

写真を拡大

育児休暇を取得した夫が復帰直後に転勤の内示を受け退職したというSNS投稿が物議を醸している。投稿で夫の勤め先とされているカネカは取材に対し、現時点では「コメント差し控える」とした。


男性の妻だという人物の投稿によると、夫は会社の男性で2人目となる育休取得者で、取得前には人事から「社会の流れから男性育休の事例作らなきゃいけない」といった前向きな言葉があったという。しかし、育休から復帰した2日目、夫には関西への転勤が内示。マイホームを建てたばかりであること、子どもの保育園や妻の職場復帰も決まっていることから、1ヶ月延ばしてほしいと要望したが聞き入れられず、夫は退職することを決めたとしている。内示を受けた時点で、人事や労働組合、都の労働局に相談したが、いずれも「社員の転勤命令は違法ではない」との見解だったという。


この夫の勤務先名は明記されていないが、一部の投稿には「#カガクでネガイをカナエル会社」とカネカのキャッチコピーが掲載。このため、カネカへは「転勤を制裁的に利用する会社なんだね 」「最初から『会社の育休実績』と『旦那さんの退職』を狙ってたんじゃないかと疑ってしまうようなスピード感」といった批判があがっている。また、「育休のページ削除されてるぽい」といった情報も寄せられている。


カネカに投稿について確認したところ、「SNS上の書き込みについては認識」しているが、「弊社宛ての書き込みではないことと個人情報も絡むため、現時点ではコメントは差し控えさせていただきます」との回答。育児休暇の取得に関しては、「推奨している」とのことだった。また、育児休暇関連の情報は、採用情報ページに「ライフイベントとキャリアの両立支援」として移設。古いページが残っていたとして「混乱を招き申し訳ありません」と謝罪した。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「カネカ」をもっと詳しく

「カネカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ