『龍が如く』ドラマが10月25日からPrime Videoで配信、主演・竹内涼真さんが「命をかけて臨んだ作品」

2024年6月4日(火)15時38分 マイナビニュース

ゲーム『龍が如く』シリーズを題材にしたAmazon Originalドラマ『龍が如く〜Beyond the Game〜』(全6話)が10月25日からPrime Videoにて世界独占配信される。
監督は、映画『百円の恋』やドラマシリーズ『全裸監督』を手掛けた武正晴氏。主人公の桐生一馬は竹内涼真さんが演じる。6月4日には配信決定記者会見が開催された。
『龍が如く』は、“大人向けのエンターテインメント作品”というコンセプトにしたセガのゲームシリーズ。『龍が如く6 命の詩。』までのナンバリングタイトルは、伝説の極道“堂島の龍”と呼ばれる桐生一馬を主人公に物語が展開される。
今回の実写ドラマは、桐生一馬を主人公にしたオリジナル脚本で描くクライム・サスペンスアクション。ゲームでおなじみの「神室町」が舞台だ。
養護施設でともに育った家族同様の幼馴染たちを守るため、あることをきっかけに極道の世界に身を置くことになった桐生一馬。1995年と2005年の二つの時間軸を交差させながら、桐生と幼馴染たちそれぞれの人生をドラマティックに描く。
発表会では、自前の黒い着物姿で登場した竹内さん。主演が決まったときは「素直にびっくりしました。演じるには覚悟が必要だと思いましたし、命をかけて作品に臨まないと成立しないだろうという使命感がありました」と感じたそう。
また、桐生一馬の格闘シーンをどうしようかと悩んでいた際、「夢に朝倉未来くんが出てきたので、DMでコンタクトを取り、彼のジムの方に教えてもらいました。プラス、食事の調整などもコントロールしながら肉体づくりをしました」といったエピソードを明かした。
武監督は「主人公たちの勢いがある青春の95年、そして、桐生一馬が刑務所で過ごしたあとの10年後、2つの時代のコントラストを意識しました。俳優さんの演技含め、見どころだと思います」と作品の魅力をアピールした。
また、発表会では、ヒット祈願として、桐生一馬の背中に描かれている入れ墨「応龍」の金屏風が登場。竹内さんが最後の「目入れ」を行った。しかし、ここでトラブルが発生。竹内さんが目の場所を誤って、3つの目ができてしまう。だが、慌てる様子なく、「すごいミラクル起こっちゃった。これは大ヒットするな」と話していた。
©2024 Amazon Content Services LLC or its Affiliates

マイナビニュース

「龍が如く」をもっと詳しく

「龍が如く」のニュース

「龍が如く」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ