レゴで“振り子時計”を作ってみた! 伝統の技術を忠実に再現したロマンあふれるギミックに「こういうのワクワクする」の声

6月4日(火)21時0分 ニコニコニュース


 今回紹介するのは、むにむに別館さんが投稿した『LEGOで3本の針を1つの回転軸上で回す普通の時計を作った』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

レゴで時計を作るシリーズ。 前回までは針ごとに回転軸が別だったけど今回は1つにした。

 レゴで振り子時計を再現しました。時計の仕組みがよくわかる眺めて楽しい動画です。

 時計の動力源は、ストッパーを離すとズドンと落ちる重りです。動力源にはガンギ車がつながれます。

 ガンギ車とアンクルという仕組みで、振り子が往復するごとに少し回るようになっています。

 ガンギ車がアンクルを押すため、振り子が揺れ続けます。

 周期は振り子の長さで調節します。

 同心円状に、時針、分針、秒針が回るようにセットします。

 歯車を使って、それぞれの針を回します。たとえば、秒針は軸の回転がそのまま伝わるのに対し、分針は複数の歯車で60倍の減速をしています。

 先ほどのガンギ車の回転を針へと伝えるようにセットします。

 これで完成です。カチカチと鳴り響く秒針は、田舎のおじいちゃんの家にある大きな古時計を彷彿とさせます。動画は「つづく」で終了、コメントでは鳩が飛び出す機構を望む声が複数寄せられていました。

視聴者コメント

LEGOしゅごい
はーこういうしくみなのかー
時計職人はよく考えたな
こういうのワクワクする
普通にすごい

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

『LEGOで3本の針を1つの回転軸上で回す普通の時計を作った』

—あわせて読みたい—

・これで宇宙まで行くぞ! レゴブロックを自動で積み上げ続けるマシンの新作が爆誕。「これで軌道エレベーター建てよう」の声

・【大惨事】『ナウシカ』の“王蟲の破壊力”を物理エンジンで検証! 本編とは異なる衝撃の結末に

ニコニコニュース

「時計」をもっと詳しく

「時計」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ