増加する海外の宝くじ、国内からの購入は違法なので注意を

6月4日(火)7時0分 NEWSポストセブン

海外の宝くじにまつわる詐欺被害が増加している(写真/アフロ)

写真を拡大

 宝くじに関する詐欺被害が後を絶たない。特に最近では、海外の宝くじにまつわる手口が目立つ。


 その理由の1つとして、実際に海外の宝くじで数百億円の当せんが出ており、そのニュースが大きく報道されていることがあげられる。


 例えば、新潟県で起きた事件では、80代男性に「60億円が当たったので手数料4000円を振り込め」という内容の郵便が送られてきた。幸いにも、振り込む寸前に銀行が気づいたため、被害は免れた。


 また、大分県の事件では、20代女性の携帯電話に、「1億4000万円の当せん金を振り込むので保証金を払ってください」というメールが送られてきた。


女性は合計約52万5000円分の電子マネーを購入して、先方の言う“保証金”を支払ってしまい、全額だまし取られた。


 なお、海外の宝くじは、実際に現地に行き、自分で購入する必要がある。日本国内から海外の宝くじを購入するのは違法なので、(刑法第187条に抵触)絶対に手を出してはいけない。買うこと自体も問題だが、詐欺の被害者になる可能性も高まってしまう。くれぐれもご注意を。


※女性セブン2019年6月13日号

NEWSポストセブン

「宝くじ」をもっと詳しく

「宝くじ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ